ママが疑問に思うコト

ふと疑問に思ったコトをお伝えします。

*

糟糠の妻(そうこうのつま)とはどんな妻?意味を見てみよう!

   


「売れない時代から支えてきた糟糠の妻(そうこうのつま)

芸能ニュースでよく見かけるこの文章。

 

「糟糠の妻とはどんな妻なの?」

私は読み方すらわかっていませんでした(・_・;)

 

糟糠の妻とは,どんな妻,1-min

 

「そうこう」ってなんのことなんでしょう?

「そうこうのつま」とは???

 

今回は、

  • 糟糠(そうこう)の意味
  • 糟糠の妻(そうこうのつま)とはどんな妻?
  • 糟糠の妻の由来は中国!ことわざが素敵

など、「糟糠の妻」についてお伝えします!

 

「糟糠の妻とはどんな妻?」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです♪

 

スポンサーリンク

 

糟糠(そうこう)の意味

 

まずは糟糠の意味から見てみましょう。

 

糟糠,意味-min

 

■糟糠(そうこう)

  • (酒かすと米ぬかの意味から)粗末な食事

引用:学研 現代標準国語辞典

 

糟糠は粗末な食事という意味があるんですね。

読み方難しくないですか?

 

私は最初、「とうしょう」とか「そうとう」とか全然違う読みで検索してました。

結局、コピーペーストして読み方にたどり着きましたよ(^^;

 

では、「糟糠の妻」とはどんな妻なのでしょう?

 

糟糠の妻(そうこうのつま)とはどんな妻?

 

糟糠の妻の意味はこちらになります。

 

糟糠の妻,意味-min

 

■糟糠の妻の意味・語源

  • 貧しいときから苦労とともにしてきた妻
  • 「糟」は酒かす、「糠」は米ぬかで、「そまつな食事」を指し、それほど貧しかったころに夫を支えてきた妻

引用:ベネッセ 新修国語辞典

 

貧しくて粗末な食事しか食べられなかった頃から夫を支えて、苦労をともにしてきた妻が「糟糠の妻」です。

 

ことわざ辞典にも「糟糠の妻」がありました。

由来は中国なんですって♪

ことわざが素敵だったのでご紹介しますね。

 

スポンサーリンク

 

糟糠の妻の由来は中国!ことわざが素敵

 

糟糠の妻のことわざはこちらです。

 

糟糠の妻,由来-min

 

■糟糠の妻は堂より下さず(そうこうのつまはどうよりくださず)

堂は家のこと。

貧しい時代から苦労をともにしてきた妻は、たとえ自分が立身出世したからといって、家から追い出すわけにはいかないということ。

引用:ポケット版 ことわざ辞典

 

由来は中国、後漢の時代です。

光武帝(こうぶてい)が大司馬宗弘(そうこう)に、「身分が高くなり裕福になれば妻を変えるのは普通」と言って、自分の姉を紹介しようとしました。

 

それに対し、宋弘が言った言葉が「糟糠の妻は堂より下さず」だったそうです。

 

ちなみに、「大司馬」は、中国の官名のひとつで、軍事を取り仕切る、現在でいうと「国防長官」。

光武帝は後漢王朝の初代皇帝です。

 

宋弘は、出世しても苦労をともにした妻に恩義を感じていたのでしょうか。

こういう男性はかっこいいですね♪

 

まとめ

糟糠の妻とは-min

 

今回は、糟糠の妻とはどんな妻?などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

■糟糠(そうこう)の意味

  • (酒かすと米ぬかの意味から)粗末な食事

■糟糠の妻(そうこうのつま)とは

  • 貧しい時から苦労をともにしてきた妻

 

「糟糠の妻を捨てて再婚」、たまにこういった芸能ニュースがありますね。

「多額の慰謝料や養育費をもらえるならいいんじゃない?」などの意見もちらほら耳にしますが、糟糠の妻本人の気持ちはそうでないかもしれません。

 

「あんなに苦しい時を一緒に頑張ってきたのに・・・」というむなしさは、はかりしれないものだと思います(T_T)

 

でも、「捨てられた」かどうかなんて外野にはわかりません。

もしかしたら、妻のほうもうんざりしていたかもしれませんし(・_・;)

 

「大金をもらえるならいつでも別れるよ」って妻は多かったりして・・・。

今は女性もどんどん社会進出する時代ですから、「糟糠の夫」なんて言葉も出てくる日が来るかもしれませんね♪

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

 - 言葉

  関連記事