ママが疑問に思うコト

ふと疑問に思ったコトをお伝えします。

*

猫の目が片目だけ半開きに!原因や治療代、目薬をご紹介します!

   


「レグルス(猫)の目が半開きになってるよ!」

「え?どれどれ?」

「わ!ほんとだ!半開きになってる!」

 

猫,片目が半開き-min

 

すでに病院は終わってる時間だったので、とりあえずその日の夜は色々調べることに・・・。

 

「何日かして治ることもあるみたい」

「人間の目薬で治した人もいるらしい」

 

色々情報をみたけれど、やっぱり病院に行くのが安心だという結論になりました。

目に傷がついてたりしたら怖いですからね(+_+)

 

「起きたら治ってるかも♪」

そんな淡い期待もむなしく次の日も思いっきり半開きでした( ̄▽ ̄;)

 

今回は、

  • 猫の片目が半開きの原因は?
  • 治療代はいくらだった?
  • どんな目薬をもらったの?

 

など、猫の片目が半開きになった時に気になることをお伝えします!

「猫の目がおかしい!」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

猫の片目が半開きの原因は?

猫,片目がおかしい-min

 

猫の片目が半開きになる原因は、以下のことなどが考えられます。

 

  • ホコリやゴミが入って炎症
  • 喧嘩などで目に傷がついて炎症
  • ウイルスなどの感染症(猫風邪など)で結膜炎
  • 顔面神経麻痺

 

うちの猫の場合は、「ホコリなどが目に入ったんでしょう」と言われました。

 

うちは3匹の多頭飼いです。

じゃれあってるうちに目に傷でもついたのかもと不安だったので、とりあえず安心しました。

 

治療代はいくらだった?

猫,目が半開き,治療代-min

 

うちの猫の治療代&目薬代は以下でした。

 

  • 診察料・・・1000円
  • 眼科検査(染色)・・・800円
  • 外用薬(目薬)・・・1000円&1500円

 

消費税込みで4730円払っています。

 

目に傷がついてないか検査をしてもらいました。

目薬は2種類いただいています。

 

病院に着いて猫を見てみると、目がぱっちり開いていたんですよ!

うちではずっと半開きだったのに( ̄▽ ̄;)

 

半開きに気づいた次の日は、かかりつけの病院は休診日でした。

ですから、気づいてから2日目に受診したんです。

 

病院に着くまでずっと半開きだったのに、いきなりパッチリ開いてるから驚きました。

車の中で大騒ぎしてる間に開いんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

どんな目薬をもらったの?

 

もらった目薬はこちらになります。

 

猫の目,半開き,薬-min

 

ロメワンプロラノン、どちらも角膜炎や結膜炎で使われるお薬です。

 

猫,目薬

 

  • 1滴、1日3回
  • 良くなったあとも4~5日使用して終了
  • 直射日光を避け冷暗所に保存
  • 目薬が2種類以上ある場合、5分以上間をあける
  • 開封後1か月以上経った目薬は廃棄

 

このように説明されました。

 

ひとつを入れて5分以上経って次の目薬を入れる・・・。

最初はかなり苦戦しました(-_-;)

 

次の日には私も猫も慣れたのか?まったりしてる猫さんに近づいて、まぶたをシュッと上げてサッと入れたら完了です♪

ちなみに、病院では開いていた左目ですが、自宅に帰ってしばらくすると半開きになってました(^^;

 

猫,片目がおかしい-min

 

何日も様子を見るよりも、すぐに薬をいただいてほんとよかったです。

 

まとめ

猫-min

 

今回は、猫の片目が半開きになった時のことをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

  • 猫の片目が半開きになる原因は、結膜炎や角膜炎(ホコリや傷)など
  • 治療&薬代は税込み4730円だった
  • もらった目薬はロメワンとプロラノン
  • なるべく早めに病院に連れて行くと安心

 

病院から帰宅後にまた半開きになった片目は、夕方にはパッチリ開いていましたよ♪

1~2週間続くこともあると聞いていたので、意外にも早く良くなってホッとしました(*^^*)

 

それにしても、猫って移動嫌いですよね?

うちの猫たちも、車に乗せるとかわいそうなくらい鳴きます((+_+))

 

猫,病院,車,移動-min

 

少しでも安心できればと思って、帰りはキャリーバッグにコートをかぶせました(^^;

 

ずっと静かでしたよ♪

暗がりのほうが安心なのかもしれませんね。

 

とにかく、早めに病院に行ってほんとよかったです!

あなたも「あれ?目が?」っと思ったら、できるだけ早めに病院に連れて行ってあげてくださいね♪

 

あなたと猫ちゃんが、これからも笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

 -

  関連記事