ママが疑問に思うコト

ふと疑問に思ったコトをお伝えします。

*

いじめはなぜなくならない?絵本「わたしのいもうと」が訴えること

      2017/05/01


「わたしのいもうと」

この絵本を読んだ後は言葉が出ませんでした。

悲しい。

許せない。

ひどい。

無理矢理言葉で表現するならこういったことが思いつきます。

けれども、そういった言葉さえも出ないくらいの衝撃を受けました。

自分が読んだ後、娘をお膝に座らせてこの絵本を読んだところ、やっぱり読み終えた後は無言でした。

ブランコ

幸いにも学校でいじめの話は聞きません。

ですが、学年が進むにつれてなんらかのことは起こるでしょう。

それをどうやって防いでいけばいいのか・・・。

「わたしのいもうと」は、元気だった妹さんが転校がきっかけでいじめにあったお話です。

悲しさや辛さ、いじめのひどさがひしひしと伝わってきます。

最後まで読み進めたら、あなたも言葉を失うかもしれません。

誰しもいじめの被害者にも加害者にもなりうる可能性があります。

どうしていじめはなくならないのか、いじめをなくすために親としてできることなどを一緒に考えてみませんか?

スポンサーリンク

いじめがなくならない理由

教室

差別と偏見に満ちているから

人は自分と違う人を排除したがる生き物です。

肌の色が違う、住んでいる場所が違う、着ている服が違う、趣味が違う、思想が違う、あげればキリがないくらいに自分と違うところを見つけては差別します。

「私は差別なんてしていない!」

そう思っている人も、偏見を持ったことは一度もないと言い切れるでしょうか?

「あの人の服装ってなんか変じゃない?変わってるよね」

服装や趣味、思想などはそれぞれ価値観が違って当たり前です。

自分と違うからと言って、

「あの服装は変だ、だからあの人も変だ」

このような考えを持ったことはありませんか?

それがエスカレートすると、その人を差別の目で見ることに繋がります。

そして、自分と違う人を排除しようとすることがいじめの発端になるんです。

優越感と劣等感が入り混じっているから

「私はあの人より優れている」

そう思うことで自分の劣等感を消そうとすることがあります。

誰かを下に見ることで自分が優位に立ったと思い込む。

誰か一人を標的にして、優越感にひたります。

大人でもそういう人は多いものです。

妬み。

ひがみ。

嫉妬。

もしかしたら大人のほうが多いかもしれません。

親が手本になっていないから

子供は無垢の状態で生まれてきます。

いじめの加害者になってしまう子供は家庭環境に問題があるというのはよく言われていることです。

「子供は親の背中を見て育つ」

子供の健全な精神の発達には家庭環境が大きく影響します。

私自身、我が子の言動に「ハッ」とさせられる時があるんです。

子供の言動を注意した時に、

「私にそっくりだな・・・」

と思うことが度々あります。

子供は親のことをよく見ていて自然と似てくるものです。

親が家庭で差別的な発言をしていると頭に入ります。

親がしょっちゅう誰かの悪口を言っていると、子供もそうなるでしょう。

育児は一人の人間を育てる大変な仕事です。

喜びはたくさんありますが、同じくらい、もしくはそれ以上の苦悩もありますよね。

「自分の言動が子供に誇れるだろうか」

我が子が尊敬できる親でありたいと思っています。

スポンサーリンク

絵本「わたしのいもうと」を読んだ後は無言になる

わたしのいもうと [ 松谷みよ子 ]
価格:1296円(税込、送料無料)

この子はわたしのいもうと

むこうをふりむいたまま ふりむいてくれないのです

いもうとのはなし きいてください

作者に届いた一通の手紙によってこの絵本が生まれています。

私がこの絵本と出会ったのはふとしたきっかけです。

ネットで他の絵本が紹介されていて、それを調べている時にたまたま目に止まりました。

「子供と一緒にいじめを考えるきっかけになるかも」

まずは自分ひとりで読みました。

読んだ後は無言です。

衝撃を受けました。

「かわいそうに」

そんな言葉は軽々しく言えません。

いじめを受けた妹さんはもちろん、お姉さんの心の痛みやお母さんの心の痛みがひしひしと伝わってきて、胸が締め付けられます。

暗い部屋

しばらく何も手につかず時間が過ぎ、学校から帰宅した娘と一緒に読みました。

娘も無言です。

読んですぐに娘と語り合ってはいません。

この絵本の内容を心で受け止めるには時間がかかると思ったからです。

息子は一人でこの絵本を読み、やはり無言になっていました。

いじめられた人の気持ち、いじめた人の気持ち。

どういしてじめはなくならないのか。

どうやったらいじめをなくせるか。

この絵本が、いじめについて親子できちんと話し合うきっかけを与えてくれました。

差別がいじめを生み、戦争までつながる。

そういったことまで考えさせてくれる絵本です。

いじめをなくすために親ができること

友達を手をつなぐ影

「いじめはなくならない」

いじめが全くない世界にするのは難しいことです。

子供の世界だけでなく、大人の世界にもいじめはありますよね。

うちの子が通う小学校では、保護者あてにいじめのアンケートが定期的に配布されます。

子供は学校でアンケートを書いているようです。

今までは、学校からのアンケートが配られた時に簡単に話を聞くくらいのことしかしていませんでした。

うちの子はまだ小学生ですが、これから中学校、高校と進むにつれていじめの問題は避けて通れないことだと思っています。

いじめをなくすためには、個々の家庭で真剣にいじめについて語り合い、親が子供の手本となる言動をするよう努めていくことが大切です。

我が子がいじめの被害者にも加害者にもならないように、親としてできることをしていきませんか?

スポンサーリンク

 - 社会, 育児

  関連記事

初めての生理,女の子1
初めての生理はいつから?準備するものや話しておきたいことは?

「初めての生理はいつからかしら?」 娘さんがいらっしゃると気になりますよね。 & …

夢を食べるバクさん1
バクが夢を食べると言われる由来は?歌や絵本もあるって知ってた?

「ママ、バクさん書いて」 娘は、怖い夢を見ないようにバクさんの絵を枕の下に敷いて …

子供ゲーム1
ゲームは子供に悪影響?ゲームとの上手な付き合い方は?

ゲームは子供にとって悪影響かどうか・・・。 親なら誰しも一度は考えたことがあるの …

%e3%81%8a%e6%ad%a3%e6%9c%88%e3%81%ae%e9%81%8a%e3%81%b3%e7%be%bd%e3%81%a4%e3%81%8d1
お正月の遊びは子どもの知育にぴったり!由来や意味も素敵♡

あなたが子どもの頃、どんなお正月を過ごしていましたか? 私は、おばあちゃんと一緒 …

窓に子供の手1
子供の窓からの転落防止対策!転落の場所や時間帯は?

子供の窓からの転落防止対策はお済みですか? いくら子供が小さくても24時間見張っ …

いじめ1
いじめを見て見ぬふりは同罪?絵本「私のせいじゃない」が訴えること

「いじめを見て見ぬふりは同罪」 これは私が子供の頃にも聞いたことがあるので、ずい …

子供耳1
子供の耳掃除の頻度って?嫌がる子の場合はどうする!?

育児で悩むことの中に「子供の耳掃除の頻度」があります。 赤ちゃんや幼児の頃は耳掃 …

絵本21
虐待経験者が作った絵本「わかってほしい」”しんでびびらせるか”

「しんでびびらせるか」 これは、虐待経験者の作者が生み出した絵本「わかってほしい …

%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%a8%e3%83%88%e3%83%8a%e3%82%ab%e3%82%a41
サンタクロースを信じる子供!真実を話すのはいつ?どんなふうに?

「サンタクロースって本当にいるの?」 子供に聞かれたことがある親御さんは多いので …

子供のお小遣い1
子供のお小遣いの平均は?いつからあげる?与えかたは?

「子供のお小遣いの平均はいくら?」 「与え方は?毎月?お手伝い制?」 小学生の高 …