言葉

「あくまでも」の意味は?辞書を参考に子供に説明しよう!

あくまでもとは

 

「あくまでも例外だよ」

「あくまでもって?」

 

わりと使う「あくまでも」。

娘に意味を聞かれて困りました。

子供に説明するのって難しいですよね。

 

そもそも、説明できるほど意味を把握していません( ̄▽ ̄;)

「あくまでも」の漢字も気になります。

 

辞書を引いてみたら、主にふたつの意味があることがわかりました(*^^)v

 

今回は、

  • 辞書を参考に「あくまでも」の意味を子供にもわかりやすく説明
  • 「あくまでも」の漢字(語源)
  • 類義語(言い換え)
  • 例文(使い方)

などをお伝えします!

 

「“あくまでも”の意味を子供に聞かれたよ~」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

「あくまでも」の意味を辞書で引いてみると?

 

「あくまでも」の意味はこちらになります。

 

①「あくまでも拒否する」など、「とことん」の意味で使う時

あくまでも,意味,子供に説明

出典:チャレンジ小学国語辞典

  • どこまでも
  • どんなことがあっても
  • 最後まで
  • 徹底的に
  • とことん

参考:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・三省堂国語辞典

 

「あくまでも約束は守るよ」の場合、子供には「とことん約束は守るよ」「どんなことがあっても約束は守るよ」という意味だと説明してあげてください♪

 

②「あくまでも噂だけどね」など、それ(この場合は噂だということ)をふまえる必要がある時

あくまでもの意味

出典:三省堂国語辞典

 

  • それをふまえる必要があることをあらわす

参考:三省堂国語辞典

 

「ふまえる」は「行動したり考えたりする時、十分考えに入れる」という意味があります。

 

子供には、「それをちゃんと考えに入れる必要があること」のように説明してあげるとわかりやすいかもしれません(*^^)

 

スポンサーリンク

「あくまでも」の漢字(語源)について

 

「あくまでも」の漢字は「飽くまでも」です。

なぜ「飽きる」なのか、辞書に語源が載っていました。

 

あくまでもの漢字,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

「あくまでも」の語源

  • 「飽きるまで十分に」の意味から

 

「飽きるまで十分に」=「とことん」だったんですね♪

 

スポンサーリンク

「あくまでも」の類語は何がある?

あくまでも,類語

 

「あくまでも」の類語はこちらになります。

 

  • 頑として(がんとして:他人の意見を聞き入れず、自分の考えを絶対に変えないようす)
  • 最後まで
  • とことん
  • 徹底的に

 

上記は「とことん」の意味で使う時の類語です。

 

「ふまえる必要があることをあらわす」の「あくまでも」の場合、言い換えになります。

 

  • 「今回はあくまでも例外です」→「今回は例外で、いつもそうだとは限りません」
  • 「あくまでも噂です」→「噂なので真実は違うかもしれません」

 

○○だということをふまえてください、という意味を持った文章に言い換えることができます。

 

「あくまでも」を使った例文(使い方)

あくまでも,例文

 

「あくまでも」の例文はこちらになります。

 

  • 約束はあくまでも守ります(約束は最後まで守ります)
  • 自分の意見をあくまでも主張する(自分の意見をとことん主張する)
  • あくまでも目安ですが、このようになります(目安なので絶対ではありませんが、このようになります)

 

「強い意思を表したい時」または、「ふまえて考えて欲しい時」に「あくまでも」を使いましょう(*^^)

 

「あくまでも」の意味などまとめ

あくまでもを子供に説明

 

今回は、「あくまでも」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

「あくまでも」の意味

  • どこまでも・とことん・最後まで・徹底的に
  • それをふまえる必要があることをあらわす

 

どちらかというと、「あくまでも例外だよ」などの「それをふまえる必要がある時」に使われることが多いですよね♪

 

「飽くまで」という漢字だったのはご存じでしたか?

私は平仮名だと思ってました( ̄▽ ̄;)

 

たまに、誤変換なのか「悪魔でも」って使ってる人を見かけますよね((+_+))

 

漢字は「飽くまでも」、意味は「とことん」か「それを考えに入れる必要があることをあらわす」。

 

よし!これでちゃんと子供にも説明できます(*^^)v

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2020 ママが疑問に思うコト