言葉

「俯瞰(ふかん)」とはどんな意味?客観的との違いは?

俯瞰して見る,意味

「俯瞰的に見る」

ふかん・・・?

どういう意味なのでしょうか?

客観的との違いも気になります。

 

今回は、

  • 「俯瞰」の意味
  • 「俯瞰的」と「客観的」の違い
  • 「俯瞰」の類語
  • 「俯瞰」の対義語
  • 「俯瞰」の使い方

などをお伝えします!

 

「俯瞰とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「俯瞰」ってどんな意味?

 

「俯瞰」の意味はこちらになります。

 

俯瞰,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典・三省堂国語辞典

 

俯瞰(ふかん)

  1. 高いところから見おろすこと(例:山から町を俯瞰する)
  2. ある視点から全体を見わたすこと(例:文化的観点で、人類の歴史を俯瞰する)

参考:ベネッセ新修国語辞典・三省堂国語辞典

 

「俯」という漢字は「うつむく・身をかがめて下を向く」という意味があり、「瞰」は「みる・みおろす・ながめる・のぞむ」という意味があります。

 

「高いところから見おろすこと」「ある視点から全体を見わたすこと」が『俯瞰』です。

 

「見おろす」と言っても、見下す意味の「上から目線」とは違います。

 

「俯瞰的に見る」というのは、「高いところから見おろすように、ある視点から物事の全体像を見る」という意味です。

 

スポンサーリンク

「俯瞰的」と「客観的」の違いは?

俯瞰的,客観的,違い

「俯瞰的」と「客観的」の違いはこちらになります。

 

俯瞰的と客観的の違い

  • 俯瞰的:物事の全体を見わたすようす
  • 客観的:自分の考えにとらわれないで、ものごとを見るようす

 

「客観的」の意味を見てみましょう。

 

客観的(きゃっかんてき)

客観的,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

  • 自分の考えにとらわれないで、ものごとを見たり考えたりする
  • 個人的な考えをいれないで、ものごとを見たり考えたりするようす

参考:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

 

俯瞰的は「全体的に見る」、客観的は、「自分の考えにとらわれずに見る」という違いがあります。

 

スポンサーリンク

「俯瞰」の類語は?

俯瞰,類語

「俯瞰」の類語はこちらになります。

 

鳥瞰(ちょうかん)

鳥瞰,意味

出典:現代標準国語辞典

  1. 鳥が空中から地上を見おろすように、高いところから見おろすこと
  2. 全体を広く大きく見わたすこと

参考:現代標準国語辞典

 

ほかには、

  • 大局的(たいきょくてき:ものごとの全体を見わたすさま)
  • 巨視的(きょしてき:部分にとらわれないで、全体を大きく見るようす・マクロ的)
  • 全体像をつかむ

などがあります。

 

「俯瞰」の対義語は?

俯瞰,対義語

「俯瞰」の対義語はこちらになります。

 

  • 仰視(ぎょうし:あおぎみること)
  • 一面的(意見や観察などが、ある一面にかたよっているさま)
  • 近視眼的(きんしがんてき:大局をみとおせず、目先のことだけにとらわれているさま)

 

「下から上をみる」「全体を見ずに一部分だけを見る」などの意味を持つことばが『俯瞰』の対義語です。

 

「俯瞰」の使い方は?

俯瞰,使い方

「俯瞰」の使い方はこちらになります。

 

  • 頂上から俯瞰する
  • 山から町を俯瞰する
  • 俯瞰図を作成する
  • 文化的観点で、人類の歴史を俯瞰する
  • 俯瞰的に捉えた上で、自分がすべきことを考える

 

「俯瞰して見る」という使い方を見かけることがあります。

 

「高いところから見おろす」+「見る」

「見る」が二重ではないかと気になりますよね。

 

「高いところから見下ろして見る」になるので、誤用だと考える人もいます。

 

一方、「俯瞰」は「高いところから見下ろすように」という、比喩表現で使われることがあるから「見る」をつけても問題ないという意見も。

 

辞書の例文は「俯瞰する」になっていました。

「俯瞰する」という使い方をしておけば間違いないかと思います。

 

「客観的に見る」などと使われるように、「俯瞰的に見る」という使い方なら違和感がないかもしれません。

 

まとめ

俯瞰とは?

今回は、「俯瞰」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

俯瞰(ふかん)

意味

  • 高いところから見おろすこと
  • ある視点から全体を見わたすこと

俯瞰的と客観的の違い

  • 俯瞰的:全体を見わたす
  • 客観的:自分の考えにとらわれないで、ものごとを見る

 

高いところから見おろす、ある視点から全体を見たわす「俯瞰」。

 

「総合的、俯瞰的な活動を確保する観点から判断」

学術会議の任命拒否について説明する時に、菅首相の発言が話題になったことを思い出しました。

 

「総合的とは?」

総合的は、いろいろな物事を一つにまとめることです。

 

総合的,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

菅首相の「総合的、俯瞰的」は、「耳になじまない」「国民がわかりづらい」「抽象的(具体性を欠くようす)」などと批判されました。

 

流行語大賞にノミネートされたほど、話題になっていましたね。

 

具体的な説明を避けるために、都合よく使われた言葉だったのでしょうか・・・?

 

とにかく、「俯瞰」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト