言葉

「草分け的存在」とは?「草分け」の意味や語源を見てみよう!

草分けの意味

「草分け的な存在です」

くさわけ・・・?

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、「草分け」の

  • 意味・草分け的存在とは
  • 語源
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします。

 

「草分けとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「草分け」ってどんな意味?草分け的な存在とは?

 

草分けの意味はこちらになります。

 

草分け,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

草分け(くさわけ)

  • 新しいものごとを始めること・また、その人
  • 物事を初めて行い、発展の基礎をつくること・また、つくった人

参考:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

 

「新しいものごとを始めること、始めた人」「物事を初めて行い、発展の基礎をるくつこと、つくった人」が『草分け』です。

 

「草分け的存在って?」

 

「的」の意味を見てみましょう。

 

的 テキ・まと

草分け的な存在とは

出典:チャレンジ小学国語辞典

  1. まと(例:的中・的外れ・標的)
  2. 目あて(例:目的)
  3. たしか(例:的確)
  4. (ほかのことばのあとにつけて)「…の性質を持つ」「…のような」などの意味を表す(例:劇的・文学的)

参考:チャレンジ小学国語辞典

 

草分け的の「的」は4の「…のような」の意味ですね。

 

草分け的存在の場合、「その分野を始めておこなった(発展の基礎をつくった)ような存在の人」という意味になります。

 

どうしてそのような意味になったのでしょうか?

語源が気になります。

 

スポンサーリンク

「草分け」の語源は?

草分け,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

草分け・語源

  • 荒れ地を切り開いて草を分け、村の基礎を作ることから

 

草分けのもとの意味は、「荒れ地を切り開いて草を分け、村の基礎をつくること」です。

 

そこから、「物事を初めて行い、発展の基礎をつくる」という意味につながっています。

 

スポンサーリンク

「草分け」の類語は?

草分け,類語

  • 創始者(ある物事を最初に始めた人)
  • 開拓者(新しい領域を切り開く人)
  • 革新者(新技術などの導入者)
  • イノベーター(革新者)
  • パイオニア(ほかに先駆けて物事を始める人)
  • 先駆者(せんくしゃ:ほかの人に先立って物事をする人)
  • 元祖(がんそ:物事を最初に始めた人)
  • 先がけ(ほかのものより先になること)

 

「物事を最初に始めた人」「新しい領域を切り開く人」などの意味を持つことばが『草分け』の類語です。

 

先駆者とは
「先駆者」とはどんな意味?類語や使い方も見てみよう!

「IT業界の先駆者だ」 せんくしゃ・・・? どういう意味なのでしょうか? 類語も気になります。   今回は、「先駆者」の 意味 類語 使い方 などをお伝えします!   「先駆者とは ...

続きを見る

 

「草分け」の使い方は?

草分け,使い方

  • 自然保護活動の草分けとして知られる団体だ
  • あの先生は、○○の分野において草分け的な存在です
  • 彼女は女性騎手の草分け的存在だ
  • SNSの草分けは○○です

 

新しいものごとを始めることやその人、発展の基礎をつくることやその人を表すときに「草分け」を使いましょう!

 

草分け:まとめ

草分け的意味

 

今回は、「草分け」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

草分け(くさわけ)

意味

  • 新しいものごとを始めること・また、その人
  • 物事を初めて行い、発展の基礎をつくること・また、つくった人

草分け的存在とは

  • その分野を始めておこなったような存在の人

語源

  • 荒れ地を切り開いて草を分け、村の基礎を作ることから

 

荒れ地を切り開いて草を分け、村の基礎をつくる。

語源を知ると深いことばだと感じます。

 

最初におこなうことは労力も努力も並大抵ではありませんものね(*''▽'')

 

とにかく、「草分け」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト