言葉

「異彩を放つ」とはどんな意味?類語や例文も見てみよう!

異彩を放つの意味

「ひときわ異彩を放つ存在」

「異彩を放つ実力派」

 

いさい・・・?

どういう意味なのでしょうか?

 

今回は、「異彩を放つ」の

  • 意味
  • 異彩とは
  • 類語
  • 例文

などをお伝えします!

 

「異彩を放つとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「異彩を放つ」ってどんな意味?

 

「異彩を放つ」の意味はこちらになります。

 

異彩を放つ,意味,辞書

出典:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

異彩を放つ(いさいをはなつ)

  • とくにすぐれてりっぱに見える・きわだつ
  • ほかとちがって、きわだつ特色をあらわす
  • いちだんとすぐれている
  • きわだつ(ほかとちがっていて、はっきりと目立つ)

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典・チャレンジ小学国語辞典・三省堂国語辞典

 

「いちだんとすぐれている」「ほかとちがって、きわだつ特色をあらわす」のが「異彩を放つ」です。

 

スポンサーリンク

「異彩」とは?

異彩,意味

出典:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

異彩(いさい)

  • ほかとちがっていて特に目だつ色どり
  • きわだった色・趣(おもむき)
  • ほかとちがって、とくに目立つようす・きわだった特色

参考:現代標準国語辞典・三省堂国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

異彩は「ほかとちがっていて特に目立つ色どり」「ほかとちがってとくに目立つようす・きわだった特色」という意味があります。

 

放つ(はなつ)

異彩を放つ,放つ,意味

出典:三省堂国語辞典

  1. 放す
  2. とばす
  3. 外に出す
  4. あらわす・しめす
  5. (送り)出す
  6. (火を)つける
  7. 追放する

参考:三省堂国語辞典

 

異彩を放つの「放つ」は、4の「あらわす・しめす」です。

 

スポンサーリンク

「異彩を放つ」の類語は?

異彩を放つ,類語

  • 目立つ(特に目につく・きわだって見える)
  • 際立つ(ほかとちがっていて、はっきり目だつ)
  • 目を引く(人目につく)
  • 並外れた(性質・能力などが、ふつうとはひじょうにちがう)
  • 型破りの(かたやぶり:決まったやり方からはずれていること)
  • 異色の(いしょく:他とくらべて、特に目立つ特色をもっていること)
  • 桁外れの(けたはずれ:ふつうとはくらべものにならないほど、ちがうこと)
  • 特色ある(とくしょく:ほかのものと特にちがっているところ・また、特にすぐれているところ)
  • ずば抜ける(ふつう程度をはるかにこえる)
  • 非凡な(ひぼん:人並でなく、特にすぐれていること)
  • 秀でる(ひいでる:特にすぐれる・ぬきんでる)
  • 枠におさまらない
  • 非常に優れた

 

「周囲に比べて特に目立つ」「従来の認識や形式を破るような性質を持っている」「とても優れている」などの意味を持つことばが「異彩を放つ」の類語です。

 

「異彩を放つ」の使い方は?

異彩を放つ,例文

  • 美術館でひときわ異彩を放つ絵
  • 独自の世界観で異彩を放つ
  • 彼は、俳優業だけでなく音楽業界でも異彩を放つ

 

「とくにすぐれてりっぱに見える・きわだつ」を表すときに「異彩を放つ」を使いましょう!

 

まとめ:異彩を放つの漢字について

異彩を放つとは?

今回は、「異彩を放つ」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

異彩を放つ(いさいをはなつ)

意味

  • とくにすぐれてりっぱに見える・きわだつ
  • ほかとちがって、きわだつ特色をあらわす
  • いちだんとすぐれている
  • きわだつ(ほかとちがっていて、はっきりと目立つ)

異彩とは

  • ほかとちがっていて特に目だつ色どり
  • きわだった色・趣(おもむき)
  • ほかとちがって、とくに目立つようす・きわだった特色

 

漢字辞典で「異」「彩」「放」を見てみます。

 

異 イ・こと

異彩を放つ,異,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 人が仮面をかぶっている姿をえがいて、つくった字
  • 仮面をかぶって別人のようになることから、「ことなる」という意味を表す

意味

  1. ことなる・ちがっている・同じでない(例:異常・異存・差異)
  2. めずらしい・すぐれた・あやしい(例:異彩・異変・驚異)
  3. 正当でない(例:異端)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

人が仮面をかぶっている姿をえがいて、仮面をかぶって別人のようになることから、「ことなる」という意味を表したのがなりたちです。

 

「めずらしい・すぐれた」という意味が、「異彩」の意味につながっています。

 

彩 サイ・いろど(る)

異彩を放つ,彩,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「かざる」と「色がまじりあっている」を合わせた字
  • いろいろな色でかざる、「いろどる」という意味を表す

意味

  1. いろどる・色をつけてうつくしくする・いろどり・つや(例:彩色・光彩・色彩)
  2. ようす・かたち(例:異彩)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「かざる」と「色がまじりあっている」で、いろいろな色でかざる「いろどり」という意味を表したのがなりたちです。

 

放 ホウ・はな(す)・はな(つ)・はな(れる)・ほう(る)

異彩を放つ,放,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「むちでうつ」と「とおくへおいやる」を合わせた字
  • むちでたたいて「おいはらう」という意味を表す

意味

  1. はなす・おいはらう・とおくへいかせる(例:放射・放流・追放)
  2. ゆるす・自由にする(例:解放・釈放)
  3. つける(例:放火)
  4. なげる・すてる(例:放棄・粗放)
  5. かまわずにほうっておく・気ままにする(例:放任・放漫・奔放)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「むちでうつ」と「とおくへおいやる」で、むちでたたいて「おいはらう」という意味を表したのがなりたちです。

 

とにかく、「異彩を放つ」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト