言葉

「夜郎自大」とはどんな意味?語源は?類語や使い方も見てみよう!

夜郎自大の意味

「夜郎自大にふるまっている」

「世間知らずの夜郎自大」

 

やろうじだい・・・?

どういう意味なのでしょうか?

由来も気になります。

 

今回は、「夜郎自大」の

  • 意味
  • 語源
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「夜郎自大とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「夜郎自大」ってどんな意味?

夜郎自大,意味,辞書

出典:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

夜郎自大(やろうじだい)

  • 自分の力の程度を知らないで、なかまの間でいばっていること・また、そのような人
  • 自分の力を知らない者が、仲間うちでいばって、いい気になっていること
  • 自分の力量もわきまえず、尊大にふるまうこと

参考:・現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・ポケット版四字熟語辞典

 

「自分の力の程度を知らないで、仲間うちでいばっていい気になっていること」が「夜郎自大」です。

 

スポンサーリンク

「夜郎自大」の語源は?

夜郎自大,語源

出典:ポケット版四字熟語辞典

 

夜郎自大の語源


司馬遷(しばせん)「史記」西南夷伝(せいなんいでん)より

  • 「夜郎」は、漢の時代の小国の名
  • 「自大」は自分を大きく見せる尊大な態度
  • 漢の国が強大であることを知らない夜郎国の王が、漢の使者に自分の国の勢力を自慢したから

参考:ポケット版四字熟語辞典

 

「夜郎」は、漢の時代に中国の西南部にあった小国の名で、「自大」は「自分を大きく見せる尊大な態度」という意味があります。

 

漢の使者がこの小国に立ち寄った際、漢の国が強大であることを知らない夜郎国の王が、自分の国の勢力を自慢したという故事が由来です。

 

スポンサーリンク

「夜郎自大」の類語は?

夜郎自大,類語

  • 自惚れる(うぬぼれる:実際以上に自分がすぐれていると思って、ひとりで得意になる)
  • 世間知らず(せけんしらず:経験が少なくて、世の中の事情やしきたりなどをよく知らないこと)
  • 井の中の蛙(いのなかのかわず:広い世間を知らず、物の考え方がせまい人のたとえ)
  • 身のほど知らず(自分の立場や実力の程度をわきまえていないこと・また、そのような人)
  • 井蛙之見(せいあのけん:広い世間を知らず、自分だけの狭い見識にとらわれていること)
  • 尺沢之鯢(せきたくのげい:経験が少なく、知識が狭いこと)
  • 用管窺天(ようかんきてん:視野が狭く、見識がないこと)

 

「自分の実力や能力を過信して、大きな態度でふるまう」「小さな領域にとらわれて、広い世間を知らない」などの意味を持つことばが「夜郎自大」の類語です。

 

「夜郎自大」の使い方は?

夜郎自大,使い方

東京の大学に入って、優秀な人間が大勢いることに驚いた。

地元で秀才と言われた自分が、夜郎自大だったと恥じ入ったよ。

一流企業に入った彼は、夜郎自大にふるまっている。

 

「自分の力量もわきまえず、尊大にふるまうこと」を表すときに「夜郎自大」を使いましょう!

 

夜郎自大:まとめ

夜郎自大とは?

今回は、「夜郎自大」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

夜郎自大(やろうじだい)

意味

  • 自分の力の程度を知らない者が、仲間うちでいばって、いい気になっていること
  • 自分の力量もわきまえず、尊大にふるまうこと

由来

  • 「夜郎」は、漢の時代の小国の名
  • 「自大」は自分を大きく見せる尊大な態度
  • 漢の国が強大であることを知らない夜郎国の王が、漢の使者に自分の国の勢力を自慢したから

 

「やろうじだい」という言葉の響き、なんだかすごいですよね。

 

「夜郎自大」と漢字がわかっていても、頭のなかに「野郎時代」が浮かんでしまいます( ̄▽ ̄;)

 

とにかく、「夜郎自大」の意味が分かってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト