言葉

「不退転(ふたいてん)」とは?語源や類語、使い方を見てみよう!

不退転の決意

 

「不退転の決意」

ふたいてん?

どんな決意のことなのでしょうか?

 

不退転の意味が気になります。

 

今回は、

  • 不退転とは?
  • 語源は?
  • 類語は?
  • 使い方(例文)は?

などをお伝えします!

 

「不退転とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

不退転(ふたいてん)とはどんな意味?

 

不退転の意味はこちらになります。

 

不退転,意味

 

出典:現代標準国語辞典

 

不退転(ふたいてん)とは

  • 強い信念を持って、絶対に気持ちを変えないこと

参考:現代標準国語辞典

 

「信念(正しいと考えることをかたく信じて、貫き通そうとする心)を持って、絶対に気持ちを変えないこと」

 

これが「不退転(ふたいてん)」です。

 

「不退転の決意」は「信念を持って絶対に気持ちを変えない決意」という意味になりますね(*^^)v

 

響きがちょっとかっこいい「ふたいてん」。

語源はなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

語源はなんなの?

 

不退転の語源は「仏教」です。

 

不退転,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

不退転の語源

  • もとは仏教で、なまけずに修行を続けるという意味

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

否定や打消しの意味の「不」に「退転」。

「退転」という言葉はなじみがないですよね。

 

「退転(たいてん)」は、「修行を怠り、一度得た悟りを失って低いほうに落ちること」という意味があります。

参考:goo辞書「退転(たいてん)の意味」

 

 

スポンサーリンク

類語はなにがある?

不退転,類語

 

不退転の類語はこちらです。

 

  • 諦めない
  • 屈しない
  • 投げ出さない
  • 不抜(ふばつ・意志が強くて動揺しないこと)
  • 確固たる(かっこ・しっかりして動かないようす)
  • 不撓不屈(ふとうふくつ・強い意思を持ち、どんな苦労や困難にもくじけない)

 

「確固たる決意」、これもわりと耳にしますね♪

 

座右の銘で人気の「不撓不屈」。

社長室に飾ってありそうな四文字熟語です(^^♪

 

使い方(例文)は?

不退転,使い方

 

不退転の使い方(例文)はこちらになります。

 

  • 不退転の決意を持って、困難に打ち勝つべく取り組んでまいります
  • 不退転の覚悟で次の大会に挑む
  • 不退転の意思で会社を復活させた

 

強い決意、覚悟、意思を伝えたい時に「不退転」を使いましょう!

ただし、多用すると言葉の重みがなくなりますので、これだけは!という気持ちの時に使ってください♪

 

不退転の意味などまとめ

不退転

 

今回は、不退転の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

不退転(ふたいてん)

  • 意味・・・強い信念を持って、絶対に気持ちを変えないこと
  • 語源・・・もとは仏教で、なまけずに修行を続けるという意味
  • 使い方・・・強い決意、覚悟、意思を表す時に使う

 

あなたは「不退転の決意」をしたことありますか?

私はありません( ̄▽ ̄;)

 

なにかひとつ、自分のなかの「不退転」があったら素敵だと思いました。

 

「不退転の意思でこのダイエットを成功させるぞ!」

なんて、もっとすごそうな事じゃないとダメですよね( 一一)

 

「強い信念をもって、絶対に気持ちを変えないこと」

 

「不退転」の意味がわかってすっきりしました!

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2020 ママが疑問に思うコト