言葉

「辟易」とは?意味や語源は?類語・使い方も見てみよう!

辟易とは

「ほんと旦那には辟易するわ・・・」

へきえき・・・?

どういう意味なのでしょう?

 

辟易(へきえき)の意味や語源が気になります。

 

今回は、

  • 「辟易」の意味
  • 本来の意味と語源
  • 類語
  • 使い方(例文)

などをお伝えします!

 

「辟易とは?」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

「辟易」ってどんな意味?

 

「辟易」の意味はこちらになります。

 

辟易,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

辟易(へきえき)

  • 勢いに押されたりして、あきれていやになること
  • 相手の勢いにうんざりして、こまりはてること
  • ひどく迷惑して、うんざりすること

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典・goo国語辞典

 

「自慢話を延々とされる」

「何度断っても遊びや食事に誘われる」

「帰宅したとたん妻がイライラしている」

 

相手の勢いに押されたりして困り果てたりあきれたり、ひどく迷惑して「はぁ~(+_+)」とうんざりすることが「辟易」です。

 

ですが、辟易の本来の意味は違うんですよ。

語源を見てみましょう!

 

スポンサーリンク

「辟易」の語源と本来の意味

辟易,語源

辟易の語源はこちらになります。

 

辟易の語源

  • 中国の歴史書「史記」(項羽本紀)の「辟易数里」

 

辟易の語源は、中国の「史記」(項羽本紀)の中の表現です。

 

戦いに敗れて逃げる項羽(こうう)、それを激しく追う赤泉候(せきせんこう)。

項羽が目を怒らせて大声で怒鳴りつけると、赤泉候の軍が人馬もろとも驚いて数理も後ずさりしました。

 

この、「数里も後ずさり」が「辟易数里」です。

 

「辟」は「避ける」、「易」は「変える」という意味があり、「辟易」の本来の意味は「道を避けて場所を変える」「道を譲って後退する」でした。

 

それが「相手を恐れて逃げる」の意味になり、日本では江戸時代に「うんざりする」という現在の意味になったそうですよ(*^^)

 

スポンサーリンク

「辟易」の類語は?

辟易,類語

「辟易」の類語はこちらになります。

  • 閉口(へいこう:どうにもならなくて、困り果ててしまうこと)
  • うんざり(すっかり飽きて、嫌になるようす)
  • げんなり(飽きて嫌になるようす)
  • 嫌気(嫌だと思う気持ち)
  • 飽きる(十分すぎて嫌になる)

 

「困りはてる・飽きて嫌になる」という意味を持つ言葉が「辟易」の類語になります。

 

「辟易」の使い方は?

辟易,使い方

「辟易」の使い方はこちらになります。

  • 校長先生の自慢話は、みんなが辟易している
  • 彼のあつかましさには辟易する
  • セールスマンの長話に辟易した

 

「もー、いーからっ!」というように、勢いに押されて困り果てたり飽きれたり、うんざりした時に「辟易」を使いましょう!

 

まとめ

辟易

今回は、「辟易」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

辟易(へきえき)

意味

  • 勢いに押されたりして、あきれて嫌になったり困りはてること
  • ひどく迷惑して、うんざりすること

語源

  • 中国の歴史書「史記」(項羽本紀)の「辟易数里」

 

人生で最も辟易したことってなんですか?

 

私は、一人暮らしをしていた時(大昔)、ある男性に辟易したのが人生最大の「うんざり」です。

 

その男性は布団のセールスマンでした。

 

布団は買わなかったのですがとても話が長くて・・・。

今思うとすごく軽率なんですが、電話番号を教えてしまったんですよ。

 

当時の一人暮らしは「家電」があるのが当たり前でした。

その男性に家電の番号を教えてしまったんです((+_+))

 

仕事から疲れて帰ってきたら、留守電のランプがピカピカと・・・・。

 

留守電再生ボタンを押すと・・・

 

「今出張で○○に来てるんだ。気持ちを聞いてくれ」

から始まり、GLAYの「HOWEVER」を歌ってたんです・・・!

 

デートをしたわけでもなく、ただセールストークで立ち話をしただけなのに。

自分にそこまで陶酔できるのが、ある意味うらやましい( ̄▽ ̄;)

 

でも、心底辟易したし、なにより電話番号を教えてしまった自分にもうんざりでした((+_+))

 

人を辟易させないように気を付けないといけませんね。

 

とにかく、「辟易」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2020 ママが疑問に思うコト