言葉

「三三五五」ってどんな意味?語源や使い方も見てみよう!

三三五五の意味

「三々五々集まって食事をして帰っただけ」

さんさんごご・・・?

どういう意味なのでしょうか?

 

今回は、

  • 「三三五五」の意味
  • 語源
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「三三五五とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

「三三五五」ってどんな意味?

 

三三五五の意味はこちらになります。

 

三三五五,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

三三五五(さんさんごご)

  • 人があちらに三人、こちらに五人というように、思い思いに連れ立って行く、または散らばっているようす

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

思い思いに連れ立って行く、または散らばっているようすが「三三五五」です。

 

大人数でまとまっているわけではなく、それぞれ思い思いに少人数で行く、散らばっているようすになります。

 

スポンサーリンク

三三五五の語源は?

三三五五,語源

 

三三五五の語源はこちらになります。

 

三三五五・語源

  • 李白(りはく)の採蓮曲(さいれんきょく)

※李白:中国の詩人

 

採蓮曲には、「女性たちが水辺で蓮を摘んでおり、それを見ている男性たちが、三人、五人としだれ柳の葉陰に見え隠れしている」のような一節があり、これが「三三五五」の語源だと言われています。

 

蓮としだれ柳、艶っぽく美しい情景が浮かびますね(*^^)

 

スポンサーリンク

「三三五五」の類語は?

三三五五,類語

三三五五の類語はこちらになります。

 

  • 三三両両(さんさんりょうりょう:三三五五と同じ意味)
  • ちらほら(あちこちに少しずつあるようす)
  • ぽつぽつ(少しずつ)
  • 思い思い(めいめいが自分の思うとおりに)

 

「まとまらず、あちこしに少しずつあるようす」などの意味を持つ言葉が『三三五五』の類語です。

 

三三五五の使い方は?

三三五五,使い方

三三五五の使い方はこちらになります。

 

  • 近くで花火が上がると聞いて、近所の人達が三三五五見物に出かけていた
  • 三三五五集まってきて、しまいには大人数になった
  • それぞれの用事が終わり次第、三三五五集まりました
  • 飲み会の後は、二次会組と帰宅組に分かれて三三五五帰っていきます

 

思い思いに連れ立って行く、散らばっている時に「三三五五」を使いましょう!

 

まとめ

三三五五とは?

今回は、「三三五五」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

三三五五(さんさんごご)

意味

  • 人があちらに三人、こちらに五人というように、思い思いに連れ立って行く、または散らばっているようす

語源

  • 李白(りはく)の採蓮曲(さいれんきょく)

 

三人、五人と、思い思いに連れ立って行く、または散らばっているようすが「三三五五」ということがわかりました。

 

「思い思いに」というのがポイントですね(*^^)

 

三三五五に響きが似ている言葉に「三々九度」があります。

 

三々九度

出典:現代標準国語辞典

  • 結婚式で、新郎と新婦が三つ組みのさかずきで三度ずつ、合計九度飲みあうこと

 

婚礼の儀式ですね♪

響きが似ているだけで、三三五五の意味とはまったく関係ありません( ̄▽ ̄;)

 

とにかく、三三五五の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト