言葉

「明記」「銘記」とはどんな意味?違いや使い分けも見てみよう!

明記と銘記の意味

「必要事項をめいきする」

「教訓をめいきする」

 

「明記」「銘記」どちらを使うのでしょうか?

違いや使い分けが気になります。

 

今回は、「明記」「銘記」の

  • 意味
  • 違い
  • 類語
  • 使い分け

をお伝えします!

 

「明記と銘記の違いは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「明記」「銘記」ってどんな意味?

 

明記

明記,意味,辞書

 

出典:チャレンジ小学国語辞典

  • はっきり書くこと
  • きちんと書き記すこと
  • はっきりと書きしるすこと

参考:チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

「はっきり書くこと」「きちんと書き記すこと」が「明記」です。

 

銘記

銘記,意味,辞書

 

出典:チャレンジ小学国語辞典

  • しっかりと心に刻んで忘れないこと
  • しっかりと心にとめて忘れないこと
  • 心にしっかりきざみつけて、忘れないこと

参考:チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

「心にしっかりきざみつけて忘れないこと」が「銘記」です。

 

スポンサーリンク

「明記」「銘記」の違いは?

明記,銘記,違い

 

明記と銘記の違い

  • 明記:はっきりと書く
  • 銘記:(心に)刻みこむ

 

明記は「はっきり書く」、銘記は「心に刻みこむ」という違いがあります。

 

漢字辞典を見てみましょう。

 

明 メイ・ミョウ・(ミン)・あか(るい)・あか(るむ)・あか(らむ)・あき(らか)・あ(ける)・あ(く)・あ(くる)・あ(かす)

明記,銘記,明,漢字のなりたちと意味

 

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「日」と「月」を合わせた字
  • 「あかるい」という意味を表す

意味

  1. あかるい(例:明暗・明朗・透明)
  2. あきらか・はっきりしている(例:明確・明白・判明)
  3. あかり(例:照明・灯明)
  4. かしこい(例:賢明・聡明)
  5. はっきりさせる(例:証明・説明)
  6. あくる・夜があける・つぎの(例:明日・明年)
  7. むかし・中国をおさめて王朝の一つ(例:明国)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「日」と「月」で、「あかるい」を表したのがなりたちです。

「はっきりしている」「はっきりさせる」という意味があります。

 

銘 メイ

銘記,銘,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「金属」と「なまえ」を合わせた字
  • 金属に名をきざむという意味を表し、「金属や石にきざみつけた文章」という意味にも使う

意味

  1. 金属や石にきざみつけた文章(例:銘文・碑銘)
  2. 金属製品・陶器・磁気などにはりつけた作者の名(例:無銘)
  3. 心にきざみつける(例:銘記・感銘)
  4. 上等の・有名な(例:銘菓・銘柄・銘茶)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「金属」と「なまえ」で、金属に名をきざむという意味を表したのがなりたちです。

 

「心にきざみつける」という意味があります。

そういえば、「感銘(かんめい:深く感動して忘れないこと)」もこの漢字ですね。

 

記 キ・しる(す)

明記,銘記,記,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • ことば」と「しるす」を合わせた字
  • ことばを「かきしるす」という意味を表す

意味

  1. しるす・かきつける(例:記入・記録・筆記)
  2. かいたもの・文書(例:伝記・日記)
  3. しるし(例:記号・記章)
  4. おぼえる(例:記憶・暗記)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「ことば」と「しるす」で、ことばを「かきしるす」という意味を表したのがなりたちです。

 

こうして漢字の意味を見てみると、違いがわかりやすいですね(*'▽')

 

スポンサーリンク

「明記」「銘記」の類語は?

明記,銘記,類語

はっきり書く「明記」

  • はっきり示す
  • 明示(めいじ:はっきり示すこと)

 

「はっきり書く・はっきり示す」などの意味を持つことばが「明記」の類語です。

 

心に刻みこむ「銘記」

  • 心にきざむ
  • 心がける
  • 心にとめる
  • 記憶にとどめる
  • 胸にきざむ(忘れないように、しっかりと覚えこむ)
  • 肝に銘じる(きもにめいじる:心に深くきざみつけて、忘れないようにする)
  • 脳裏に焼き付ける
  • 留意する(りゅうい:心にとめて、気をつけること)

 

「強く思い、忘れないようにする」などの意味を持つことばが「銘記」の類語です。

 

「明記」「銘記」の使い分けは?

明記,銘記,使い分け

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

はっきり書く「明記」

  • 持ち物に氏名を明記する
  • 必要事項を明記する
  • 製造年月日を明記する

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

心に刻みこむ「銘記」

  • 偉人の名言を心に銘記する
  • 教訓を強く銘記する
  • 心に銘記して忘れない
  • 先生の教えを銘記する
  • 恩師のことばを心に銘記する

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典・チャレンジ小学漢字辞典

 

はっきり書くときは「明記」、心に刻みこむときは「銘記」を使いましょう!

 

「明記」「銘記」まとめ

明記と銘記の違いと使い分け

出典:チャレンジ小学漢字辞典

 

今回は、「明記」と「銘記」の違いなどをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

明記・銘記

明記の意味

  • はっきりと書きしるすこと
  • きちんと書き記すこと

銘記の意味

  • しっかりと心に刻んで忘れないこと

違い

  • 明記:はっきりと書く
  • 銘記:(心に)刻みこむ

 

「明記」は「はっきりと書く」、「銘記」は「心に刻みこむ」という違いがあることがわかりました。

 

「書く」ことを表すときに、「明記」とこんがらがりそうなことばに「記載」があります。

 

記載(きさい)

明記,記載,違い

出典:ベネッセ新修国語辞典

  • あることを書物や書類などに書いてのせること

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

「記載」の類語は「掲載(けいさい)」です。

 

「明記」は「はっきりと書く」、「記載」は「書物などに書いて載せる」という違いがあります(*'▽')

 

とにかく、「明記」「銘記」の違いがわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト