言葉

「焼けぼっくいに火がつく」の意味は?語源も見てみよう!

焼けぼっくいとは

「焼けぼっくいに火がついた」

「焼けぼっくいには火が付きやすい」

 

やけぼっくい?

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、「焼けぼっくいに火がつく」の

  • 意味
  • 語源・やけぼっくいとは
  • 類語

などをお伝えします!

 

「焼けぼっくいに火がつくとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「焼けぼっくいに火がつく」ってどんな意味?

 

「焼けぼっくいに火がつく」の意味はこちらになります。

 

焼けぼっくいに火がつく,意味,辞書

出典:三省堂国語辞典

 

焼けぼっくいに火がつく

  • 一度切れた男女の縁がもとにもどる
  • いったん別れた男女の関係が、また元にもどることのたとえ
  • 別れた男女がまた仲良くなることのたとえ

参考:三省堂国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

「別れた男女がまた仲良くなることのたとえ」が「焼けぼっくいに火がつく」です。

 

「焼けぼっくい」とはなんのことでしょうか?

 

スポンサーリンク

語源は?「焼けぼっくい」とは?

焼けぼっくいに火がつく,語源

出典:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

焼けぼっくいに火がつくの語源

  • 焼けぼっくい:もえさしのくい・一度燃えた木のくい
  • 一度燃えた木のくいは、再び火がつきやすいことから

 

「焼けぼっくい(焼け棒杭)」は「一度燃えた木のくい」のことです。

一度燃えて炭化したくいは火がつきやすいことから、別れた男女がまた仲良くなることにつながっています。

 

スポンサーリンク

「焼けぼっくいに火がつく」の類語は?

焼けぼっくいに火がつく,類語

  • 復縁する
  • 元の関係に戻る
  • 仲直りする
  • 関係を修復する
  • 元の鞘に収まる(もとのさやにおさまる:一度離縁したり仲たがいをしたりした者が、前の関係にもどる)
  • よりを戻す(悪くなった関係をもとの状態にもどす・仲直りをする)

 

「切れていた縁が再びつながる」などの意味を持つことばが、「焼けぼっくいに火がつく」の類語です。

 

焼けぼっくいに火がつく:まとめ

焼けぼっくいに火がつくとは?

今回は、「焼けぼっくいに火がつく」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

焼けぼっくいに火がつく

意味

  • 一度切れた男女の縁がもとにもどる
  • いったん別れた男女の関係が、また元にもどることのたとえ
  • 別れた男女がまた仲良くなることのたとえ

語源

  • 焼けぼっくい:もえさしのくい・一度燃えた木のくい
  • 一度燃えた木のくいは、再び火がつきやすいことから

 

「焼け木杭には火が付き易い」ということわざもあります。

 

焼け木杭には火が付き易い,意味

出典:ポケット版ことわざ辞典

  • 以前の関係のあったものは、一度縁を絶ってもまた元の関係に戻りやすいというたとえ

※多く男女の関係についていう

参考:ポケット版ことわざ辞典

 

「焼けぼっくいに火がつく」は、「もとさや」とも言いますよね。

もとさやで上手くいく場合は、別れたきっかけによるのかもしれません。

 

とにかく、「焼けぼっくいに火がつく」の意味が分かってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト