ママが疑問に思うコト

ふと疑問に思ったコトをお伝えします。

*

子供がクラゲに刺されたら?対処法と予防法をご紹介!

      2018/05/23


子連れで海に行く時に心配になるのがクラゲです。

猛毒を持っているクラゲもいるから怖いですよね。

子供の図鑑を見ると怖いことがたくさん書いてありました。

 

クラゲ

 

今回は、

  • クラゲに子供が刺された時の対処法
  • クラゲに刺されないための予防法
  • クラゲが出てくる時期

など、クラゲについて気になることをお伝えします。

「子供がクラゲに刺されたらどうしよう・・・」と思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

子供がクラゲに刺された時の対処法

 

子供,クラゲ,刺された

 

1.患部を触らずに落ち着いてその場を離れる

クラゲに刺された時は、チクッとしたりピリピリッとします。

その時に、掻いたり触ったりしないようにして落ち着いて岸にあがりましょう。

 

2.触手がついていたら剥がす

クラゲの触手には刺胞という毒針があります。

触手がついているようなら、素手で触らずゴム手袋かピンセットで取り除いてください。

 

3.海水で洗い流す

浸透圧の関係で真水はNGです。

ゴシゴシ刺激を与えたりしないようにしながら、海水でそっと患部を洗い流します。

患部に刺激を与えると、炎症をひどくしてしまうので注意してくださいね。

 

4.お酢をかける

お酢にはクラゲに刺された時の症状を和らげるのに効果的だと言われています。

ただし、カツオノエボシはお酢をかけたら針を発射していまうのでかけないようにしましょう。

 

▼カツオノエボシ
カツオノエボシ,クラゲ

 

カツオノエボシ

 

5.患部を冷やす

炎症を沈め、痛みやかゆみを抑えるために患部を冷やしましょう。

その時にも、刺激を与えないようにそっと冷やしてくださいね。

 

6.薬を塗る

ステロイド軟膏や非ステロイド系抗炎症薬を塗りましょう。

早めに対処することで、跡が残ることを防ぐことができます。

 

市販薬だと「液体ムヒアルファEX」がおすすめです。

 

 

普通の虫刺されはもちろん、ムカデやクラゲにも効果的なので、子連れレジャーに常備しておくと助かりますよ♪

 

7.全身症状があるなら病院へ

毒性の強いハブクラゲやカツオノエボシに刺された時には、全身症状が出る場合もあります。

 

  • 意識障害
  • 痙攣
  • 呼吸困難
  • 脱力感
  • くしゃみ
  • 発熱

 

上記の症状が現れたらすぐに病院を受診してください。

.

お酢をかける方法は、クラゲに刺された時の対処法として広く知られているものです。

しかし、刺されたクラゲが判明しない場合はむやみに使用しないほうがいいかもしれません。

 

そもそも、クラゲに刺された時に、

「〇〇クラゲだった!」

って分かる人はどのくらいいるのでしょう・・・。

 

2匹のクラゲ

 

猛毒のハブクラゲには効果的なので、お酢を使った対処法もご紹介しておきました。

 

▼ハブクラゲ
ハブクラゲ

 

クラゲに刺された時に適切に対処することは重要ですが、できるだけ刺されないようにしたいものです。

次は、クラゲに刺されないための予防法を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

クラゲに刺されないための予防法は?

 

子供はてな

 

衣服で肌を守る場合

■トレンカ

 

クラゲ対策で1番効果的なのは肌を出さないことです。

レギンスやトレンカで足を守りましょう。

 

先日海に行った時に大量のクラゲが泳いでいました(ミズクラゲ)。

 

「足が無防備すぎるし!」

中学生の息子がクラゲをかなり警戒していました・・・。

足もしっかりガードしてくださいね♪

 

■ラッシュガード

 

日焼け対策に欠かせないラッシュガード。

海に行く時は必需品ですよね♪

肌の露出を最小限にして、クラゲ対策をしておきましょう!

 

■マリンシューズ

 

マリンシューズなら海の中でも脱げずに安心して履くことができます。

浜辺を歩くときの熱さも防いでくれるのでおすすめですよ^ ^

 

薬品で肌を守る場合

■日焼け止め・ワセリン

 

日焼け止めやワセリンを「これでもか」というくらい厚塗りしましょう!

海水で落ちてしまうので、定期的に塗りなおしてくださいね。

 

■クラゲ予防ローション

 

クラゲ予防の日焼け止めで有名なのはSAFESEA(セーフシー)です。

SAFESEAは、クラゲを寄せ付けないのでなく、クラゲにとって仲間だと思わせて攻撃されないようにするためのローションなんですよ。

.

私がダントツでおすすめするのはラッシュガードとトレンカ(またはレギンス)です。

日焼け対策でも必要になりますよね。

.

いくら対策をしてもクラゲがわんさか泳いでいる海に行くのは怖いです。

クラゲがいつ頃出てくるのかチェックしておきましょう!

 

クラゲはいつ頃出てくるの?

 

クラゲの親子

 

クラゲは1年中生息しますが、お盆が開けたら要注意です。

 

赤ちゃんクラゲが成長して大人クラゲになるのがお盆過ぎになります。

水温が高いと大量に発生し、お盆を過ぎた頃から10月頃の海水温がクラゲにとって最適なんですよ。

 

クラゲ対策をして子供と海を楽しもう!

 

家族,海水浴

 

今回は、子供がクラゲに刺された時の対処法などをお伝えしました。

お盆を過ぎなければクラゲに刺されないというわけではありませんので、海に行く時には常にクラゲ対策をすると安心です。

 

仕事などで、どうしてもお盆を過ぎてからしか行けないというご家庭もありますよね。

我が家は去年はお盆が開けてからも行きました。

 

ラッシュガードなどで万全の態勢で泳いできましたよ♪

うち以外にもチラホラと子連れのご家族もおられました(*^^*)

 

クラゲ対策を万全にして、夏休みの最高の思い出を作りましょう!

素敵な海の思い出ができますように☆

 

▼こちらの記事もどうぞ
カフェインが子供に与える影響を知ってる?いつからならいいの?

彼岸花を持ち帰ると火事になる!?毒もあるし別名もすごい!

子供の窓からの転落防止対策!転落の場所や時間帯は?

空き巣の多い時間帯と手口!あなたの家を守る対策5選

スポンサーリンク

 - 子供の病気・ケガ

  関連記事