言葉

「矢先」の意味は?使い方に注意!類語・例文も見てみよう!

矢先,使い方は?

 

「出かけた矢先に連絡が入りました」

「再開した矢先の出来事でした」

この「矢先」の使い方はどうなのでしょう?

 

誤用してる人が多いと言われる「矢先」。

正しい使い方が気になります。

 

今回は、

  • 「矢先」の意味
  • 使い方
  • 類語
  • 例文

などをお伝えします!

 

「矢先の使い方は?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^)

 

スポンサーリンク

 

「矢先」の意味は?

 

矢先の意味はこちらになります。

 

矢先,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

矢先(やさき)

  • ものごとが始まろうとする、ちょうどその時
  • ちょうどその時

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学漢字辞典・現代標準国語辞典

 

「ものごとが始まろうとする、ちょうどその時」が『矢先』です。

 

スポンサーリンク

「矢先」の使い方は?

 

「矢先」の使い方はこちらになります。

 

矢先,使い方

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

矢先の使い方

  • すでに終了してしまった事柄に使うのはNG
  • 矢先は、ものごとが始まろうとするまさにそのときを意味する

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

NG例

  • ちょうど今、出かけた矢先です

OK例

  • 出かけようとしている矢先に来客があった

 

「矢先」とは、もともと矢の先端を表すことばで、ものごとが始まろうとするまさにその時を意味します。

 

スポンサーリンク

「矢先」を“直後”の意味で使うのは誤用なの?

 

「矢先」を直後の意味で使うのは、絶対に誤用だとは言い切れないところもあります。

 

「直後」の意味が載っている辞書もあるんですよ。

 

矢先,直後

出典:三省堂国語辞典

  • 矢の先
  • (しようとした)ちょうどそのとき
  • 直後
  • (猟で)たまの飛ぶ方向

参考:三省堂国語辞典

 

なので、完全に「誤用」と言い切れないのですが、基本的には「直前」の意味で使ったほうがいいかと思います。

 

「やさき」は、一般にはまさに事が始まろうとするその時に使う語です。

すでに完了してしまった場合に使うのは、正しい表現ではありません。

出典:NHK放送文化研究所「就職したやさきでした」は正しい?

 

「矢先」は「矢の先端」で、それが転じて「物事がまさに始まろうとする時に使います」とありました。

 

また、校閲でも訂正されています。

※校閲(こうえつ:文書・原稿などの誤りや不備な点を調べること)

 

 

「何かが始まろうとする直前」とありますね。

 

「直後」という意味を載せている辞書もあるけれど、一般的には「なにがが始まろうとする直前」の意味で使うのがベストです。

 

「矢先」の類語は?

矢先,類語

矢先の類語はこちらになります。

 

  • すかさず(間を置かないで・すぐに)
  • 間髪を入れず(かんはつをいれず:少しの時間もおかずに・すぐに)
  • まさにその時
  • ちょうどその時
  • そのタイミングで
  • まさに今

 

「物事が起こるちょうどその時」を意味する言葉が『矢先』の類語です。

 

「矢先」の例文は?

矢先,例文

矢先の例文はこちらになります。

 

  • 出かけようとした矢先に雨が降り出した
  • 外出しようとした矢先に人が来る
  • お風呂に入ろうとした矢先に電話がなった

 

「あることが起こるまさにその時、別の何かが起こる場合」に『矢先』を使いましょう!

 

まとめ

矢先とは

今回は、「矢先」の意味や使い方をお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

矢先(やさき)

  • ものごとが始まろうとする、ちょうどその時

 

矢先を「何かが起こった直後」という意味で使っている人は、6割以上だそうです。

実はわたしもそうでした( ̄▽ ̄;)

 

「直後」として載っている辞書もあるように、もしかしたらいずれ、多くの辞書で「矢先」の意味に「直後」が追加されることがあるかもしれません。

 

ですが、現時点では「何かが始まろうとするまさにその時」という意味の辞書が多いです。

 

ちなみに、古語辞典には・・・

 

矢先,古語

出典:旺文社古語辞典

  1. 矢の先端
  2. 矢の飛んでくる方向
  3. 弓矢で戦うこと
  4. 目あて・ねらい
  5. 物事がまさに始まろうとする時・まぎわ

参考:旺文社古語辞典

 

「物事がまさに始まろうとする時」とありますね。

本来の意味は「直前」です。

 

やはり「ものごとがまさに始まろうとする時」に使うのがベストですね(*^^)

 

とにかく、「矢先」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト