言葉

「一巻の終わり」とは?意味や語源は?類語も見てみよう!

一巻の終わりとは

 

「一巻の終わりだ!」

いっかんのおわり・・・?

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、

  • 「一巻の終わり」の意味
  • 語源
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「一巻の終わりとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^)

 

スポンサーリンク

 

「一巻の終わり」とはどんな意味?

 

一巻の終わりの意味はこちらになります。

 

一巻の終わり,意味

出典:現代標準国語辞典

 

一巻の終わり(いっかんのおわり)

  • すべてが終わってしまうこと・また、死ぬこと

参考:現代標準国語辞典

 

「すべてが終わってしまうこと・死ぬこと」が『一巻の終わり』です。

なんだか絶望感あふれる言葉ですね( ̄▽ ̄;)

 

「一巻」が終わるのがどうしてそのような意味になったのでしょうか?

語源を見てみましょう!

 

スポンサーリンク

「一巻の終わり」の語源は?

一巻の終わりの語源は?

 

一巻の終わりの語源はこちらになります。

 

一巻の終わり,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

一巻の終わり・語源

  • むかし、無声映画で、フィルムの一巻が終わるごとに弁士がこう言ったことから

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

今のようなデジタル映写機ではなく、フィルム一巻、二巻と数えてた時代は、ひと巻きを映し終わった後に弁士が「一巻の終わり」ですと言っていたそうです。

 

「弁士って?」

 

弁士は、無声映画で内容を説明する人のことです。

 

弁士,意味

出典:現代標準国語辞典

  • 演壇に立って演説や講演をする人
  • 無声映画で、内容の説明者

参考:現代標準国語辞典

 

ひとつの物語が終わる時に弁士が言う「一巻の終わり」。

弁士はハッピーエンドの映画でも言っていたのでしょうが、この慣用句はいい意味で使われることはありません。

 

スポンサーリンク

「一巻の終わり」の類語は?

一巻の終わり,類語

一巻の終わりの類語はこちらになります。

 

  • もはやこれまで
  • 命運が尽きる(もうこれ以上は逃れられない・対策を取る手立てがなく危機に陥る)
  • 万事休す(すべてのことが終わってしまい、もうどすることもできない)
  • 万策尽きる(あらゆる手段を試みたが、解決の手立てがもうない)

 

「もうこれ以上は逃れられない・手立てがない・どうにもならない状況」を表す言葉が、『一巻の終わり』の類語です。

 

「一巻の終わり」の使い方は?

一巻の終わり,使い方

一巻の終わりの使い方はこちらになります。

 

  • 彼女に振られた時、一巻の終わりだと思った
  • ここで諦めたら一巻の終わりだよ
  • あの証言がなかったら、一巻の終わりだった

 

「一巻の終わり」は、悲観的な終わりを迎える時に使う言葉です。

 

「すべて終わりだ!」

「もうthe endだ!」

 

すべてが終わってしまい、もうどうすることもできない時に「一巻の終わり」を使いましょう!

 

まとめ

一巻の終わりとは?

 

今回は、「一巻の終わり」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

一巻の終わり

意味

  • すべてが終わってしまうこと・また、死ぬこと

語源

  • むかし、無声映画で、フィルムの一巻が終わるごとに弁士がこう言ったことから

 

ひとつの物語が終わるのが語源の「一巻の終わり」。

語源を知ったら深い意味の言葉だと感じますよね。

 

先日、息子が「一巻の終わり」を使っていました。

 

「課題を出さなかったりしたらおこづかいなしね」

「え!一巻の終わりじゃん!」

 

そう思うならちゃんとしろよと思いましたが、この程度の「一巻の終わり」がいいです。

 

ほんとに悲観する状況の時に「一巻の終わり」って使うのは怖いと思いませんか?

 

「もうどうにもならない」

そんな現実を認めるのは怖いです。

 

とにかく、「一巻の終わり」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト