言葉

「さて」ってどんな意味?使い方は?古語辞典も見てみよう!

さてとは?

「さて、そろそろ行きますか!」

「さて、先日お電話いただいた件ですが」

 

さて・・・?

上記の文、それぞれ意味が違いますよね。

「さて」ってどういう意味なのでしょうか?

 

今回は、

  • 「さて」の意味
  • 古語辞典の「さて」
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「さての意味は?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

「さて」ってどんな意味?

 

「さて」の意味はこちらになります。

 

さて,国語辞典の意味

出典:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

 

さて

  1. 別の話に入る時のことば・ところで
  2. 何かを始めようとするときや、ためらったりするときに言うことば・あらためて考えてみようとするときに使うことば・さあ

参考:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

1は接続詞で、「さて、次の問題です」など、話題を変えて次に進む時に使います。

 

2は感動詞で、「さて、勉強を始めよう」「さて、困ったな」「さて、どうすればいいかな」などの場面で使うことができます。

 

スポンサーリンク

古語辞典の「さて」は?

 

古語辞典の「さて」も見ておきます。

 

さて,古語辞典の意味

出典:旺文社古語辞典

 

さて・古語辞典

1.副詞「さ」に接続助詞「て」のついたもの

  • そういう状況で
  • (下に格助詞「の」を伴って)そのままで

2.上文を受けて、下文につづけたり、話題を変えて説きおこすときに用いる語

  • そして・それから
  • そこで・それゆえ

3.(文末に用い)語調を強める意を表す

  • どうじゃ

参考:旺文社古語辞典

 

2と3は、現代の「さて」の意味に似てるところもありますね。

 

スポンサーリンク

「さて」の類語は?

さて,類語

「さて」の類語はこちらになります。

 

  • ところで(話題を変えて話始める時に使うことば)
  • さあ(相手を誘ったり何かをさせたりする時に使う、呼びかけのことば・困った時や物事が難しくなった時に使うことば)
  • 早速ですが(さっそく:すぐ・ただちに)

 

「早速ですが」は、軽い挨拶をすませたあと、本題に入る時に使われることが多いことばです。

 

「さて」の使い方は?

さて,使い方

「さて」の使い方はこちらになります。

 

  • さて、次は天気予報をお送りします
  • さて、先日ご依頼いただきました件ですが
  • さて、そろそろ帰るとしよう
  • さて、そろそろ仕事に戻ろう
  • さて、これからどうしようか

 

話題が切り替わる時、何かを始めようとする時、ためらったりする時やあらためて考えてみようとする時に「さて」を使いましょう!

 

まとめ

さての意味は?

今回は、「さて」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

さて

  • 別の話に入る時のことば・ところで
  • 何かを始めようとするときや、ためらったりするときに言うことば・あらためて考えてみようとするときに使うことば・さあ

 

「さて、本題に入ります」

「さて、勉強しよう!」

「さて、困ったな」

「さて、どうしたものか・・・」

 

「さて」は、何かを始めようとしたり、話題を変える時、ためらったりあらためて考える時に使うことがわかりました(*^^)

 

切り替える時に使える便利なことばですね。

勉強や仕事のスイッチを入れる時に使ってみてください♪

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト