言葉

「津々浦々」とはどんな意味?語源は?例文も見てみよう!

津々浦々の意味

「津々浦々に知れわたる」

つつうらうら?

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、「津々浦々」の

  • 意味
  • 語源
  • 類語
  • 例文

をお伝えします!

 

「津々浦々とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「津々浦々」ってどんな意味?

 

津々浦々の意味はこちらになります。

 

津々浦々,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

津々浦々(つつうらうら)

  • いたるところ・あらゆるところ
  • 全国のいたるところ・国じゅう

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

読み方は「つつうらうら」または「つづうらうら」。

「いたるところ・あらゆるところ」「全国のいたるところ」が『津々浦々』です。

 

スポンサーリンク

「津々浦々」の語源は?

津々浦々,語源

出典:現代標準国語辞典

 

津々浦々の語源

  • 津は「港」、浦は「入り江・浜辺・海辺」
  • すべての港や海岸の意味から

 

「津」が港、「浦」は「入り江・海辺」を表しています。

 

津 シン・つ

津,なりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「みず」と「すすむ」を合わせた字
  • 水辺にある、人が渡って進む場所
  • 「わたしば」という意味を表す

意味

  1. つ・みなと・わたし場・ふなつき場(例・津々浦々)
  2. あふれでる(例:津津・津波)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

浦 ホ・うら

浦,なりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「みず」と「かたわら」を合わせた字
  • 水のかたわら、「うら」という意味を表す

意味

  • うら・水辺・海や湖が陸地に入り込んだところ(例:津々浦々)

 

すべての港や海岸の意味から、「全国いたるところ」という意味になっています。

 

スポンサーリンク

「津々浦々」の類語は?

津々浦々,類語

 

  • 全国
  • 国中
  • 全国各地
  • 北から南
  • 各方面
  • いたるところ
  • あらゆるところ
  • 四方八方(あらゆる方角、方面)

 

「全国のいたるところ」「あらゆるところ」などを表すことばが『津々浦々』の類語です。

 

「津々浦々」の例文は?

津々浦々,使い方

 

  • 事実が津々浦々に知れわたる
  • 噂が津々浦々に広がる
  • 津々浦々の優秀な生徒が集まった学校だ
  • 全国津々浦々、のんびり旅をしています
  • 全国津々浦々の名産品を食べ歩きたい
  • 全国津々浦々の強豪校が集まった大会です

 

全国のいたるところ・あらゆるところ・いたるところを表すときに「津々浦々」を使いましょう!

 

まとめ

津々浦々とは?

 

今回は、「津々浦々」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

津々浦々(つつうらうら)

意味

  • いたるところ・あらゆるところ
  • 全国のいたるところ・国じゅう

語源

  • 津は「港」、浦は「入り江・浜辺・海辺」
  • すべての港や海岸の意味から

 

浦を「入り江・海辺」と表すのは、やや古いことばなんですって。

 

浦,意味

出典:現代標準国語辞典

 

旅番組で「津々浦々」と聞くと、なんだか風情を感じます(*''▽'')

 

とにかく、「津々浦々」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト