言葉

「あんまり」「あまり」ってどんな意味?違いはなんだろう?

「あんまり好きじゃない」

「あまり好きじゃない」

 

「あんまり」「あまり」?

違いや意味が気になります。

 

今回は、

  • 「あんまり」「あまり」の意味
  • 違い
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「あんまりとあまりの違いは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「あんまり」と「あまり」の意味は?

あんまり,意味,辞書

 

「あんまり」の意味

 

あんまり,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

あんまり

  1. たいへん(例:あんまり雨が強いので前がよく見えない)
  2. それほど(例:あんまりおいしくない)
  3. 度をこしてひどいようす(例:先に行ってしまうなんてあんまりだ)

※2は、あとに「ない」などのことばがくる

※「あまり」を強めた言い方

参考:チャレンジ小学国語辞典

 

「それほどって?」

それほどは、「思ったほど」とうい意味があります。

 

それほど

それほど,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

  1. そんなに(例:それほど有名な人だったのか)
  2. 思ったほど(例:今日はそれほど寒くない)

※:2は、あとに「ない」などのことばがくる

 

「あんまり(とても)雨が強くてワイパーがきかない」

「あんまり(それほど)好きじゃないな」

「それはあんまり(度をこしてひどい)だよ!」

 

「たいへん(とても)・それほど(思ったほど)・度をこしてひどい」のが『あんまり』です。

 

「あまり」の意味

 

あまり,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

あまり(余り)

  1. 残り・余分
  2. 割り算で、割り切れないで残った数
  3. 程度をこえるようす(例:暑さのあまり仕事も手につかない)
  4. たいへん(例:あまりおいしいので、つい食べすぎた)
  5. それほど(例:あまりおもしろくない)
  6. ひどく度をこしているようす(例:あまりな値段)
  7. (数を表すことばのあとにつけて)それより少し多いことを表す(例:十日余りの)

※5はあとに「ない」などのことばがくる

※3~6はふつうかな書きにする

※4~6は「あんまり」ともいう

参考:チャレンジ小学国語辞典

 

いっぱいありますね( ̄▽ ̄;)

「残りや割り切れない数」と「それより少し多いことを表す」は置いといて、それ以外の意味を見ていきます。

 

ふつう「かな書き」で、4~6は「あんまり」ともいうとありますね。

「たいへん(とても)・それほど(思ったほど)・ひどく度をこしているようす」は、「あまり」も「あんまり」も同じ意味です。

 

3の「程度をこえるようす」が「あんまり」と「あまり」の違いになりそうです。

 

スポンサーリンク

「あんまり」と「あまり」の違いは?

「あんまり」と「あまり」の違いはこちらになります。

 

「あんまり」と「あまり」の違い

  • 「たいへん(とても)・それほど(思ったほど)・ひどく度をこしているようす」という意味は同じだが、ものごとの度合が強すぎてそのことが起こることは「~のあまり」

 

あんまり,あまり,違い

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

「余分」「割り算で割り切れず残った数」「それよりも少し多いことを表す」という違いは明らかにわかるので、省きます。

 

三と四は「あんまり」ともいうとありますね。

 

それをふまえて考えると、「あんまり」と「あまり」の違いは、一の2の(「・・・の余り」の形で)ものごとの度合が強すぎるために、そのことが起こること・その結果です。

 

「うれしさのあまり飛び上がる」

「暑さのあまり仕事も手につかない」

「緊張のあまりありえないミスをしてしまった」

 

など、ものごとの度合が強すぎて、そのことが起こることやその結果の場合は「~のあまり」を使います。

 

「余分」などをのぞいたら、ふだん使う「あんまり」「あまり」はほとんど同じ意味ですね♪

 

スポンサーリンク

「あんまり」と「あまり」の使い方は?

あんまり,あまり,使い方

「あんまり」と「あまり」の使い方はこちらになります。

 

たいへん(とても)の意味

  • あんまり風が強くてコートが飛びそうだったよ
  • あまりおいしいのですぐに次の予約も入れました

 

それほど(思ったほど)の意味

  • あんまりおいしくなかったね
  • あまり面白いと思わなかったな

 

ひどく度をこしているようすの意味

  • その断り方はあんまりなんじゃないの?
  • あまりの態度に呆れてものが言えなかった

 

程度をこえるようす

  • 驚きのあまり言葉を失った

 

「それほど」の意味で使う時は、あとに「ない」などの打消しのことばがきます。

 

まとめ

あんまり,あまり

今回は、「あんまり」と「あまり」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

あんまり・あまり

  • 「たいへん(とても)・それほど(思ったほど)・ひどく度をこしているようす」という意味は同じ
  • 「あまり」にあって「あんまり」にないのは、「余分」「割り算で割り切れず残った数」「それよりも少し多いことを表す」「ものごとの度合が強すぎるために、そのことが起こること・(~のあまり)」

 

「あんまり」と「あまり」、ほとんど同じ意味でした♪

 

「あまりにも~」ということばもありますよね。

 

あまりに(余りに)

あまりに,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典

  • 思った以上に
  • ふつうよりずっとひどく

※「あまりにも」ともいう

 

「被害の状況はあまりにひどい」「あまりにもかわいそうだ」などと使います。

 

とにかく、「あんまり」と「あまり」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト