言葉

「老婆心」ってどんな意味?類語や使い方も見てみよう!

老婆心って?

「老婆心ながら・・・」

ろうばしん?

どういう意味なのでしょうか?

男性は使えるのかな?

 

今回は、

  • 「老婆心」の意味
  • 語源
  • 類語
  • 使い方・男性も使えるのか

などをお伝えします!

 

「老婆心とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「老婆心」ってどんな意味?

 

老婆心の意味はこちらになります。

 

老婆心,意味

出典:チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ新修国語辞

 

老婆心(ろうばしん)

  • 必要以上に、あれこれと世話を焼くこと
  • よけいな心配をして、必要以上に世話を焼くこと

参考:チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ新修国語辞

 

よけいな心配をして、必要以上に世話を焼くことが「老婆心」です。

お節介というのがしっくりくるかもしれません♪

 

「老婆」は年をとった女性のことです。

どうして、「老婆」+「心」が必要以上の世話焼きにつながったのでしょうか・・・?

 

スポンサーリンク

「老婆心」の語源は?

 

老婆心の語源はこちらになります。

 

老婆心の語源

  • 仏教語の「老婆心切」
  • 年をとった女性が子や孫を慈しみ世話をするように、師が修行者に丁寧に教え導くことから

 

「心切」って「親切」じゃないの?

「老婆心切」の「切」には、「ひたすら・しきりに」という意味があります。

 

老婆心切

出典:チャレンジ小学漢字辞典

 

年をとった女性がしきりに子や孫の世話を焼く。

時にはお節介になることもあるけれど、子や孫を慈しむ気持ちがそこにあります。

 

このような慈愛の気持ちを持ちながら、親身になって弟子を導くという仏教の教えが「老婆心」の語源です。

 

スポンサーリンク

「老婆心」の類語は?

老婆心,類語

老婆心の類語はこちらになります。

 

  • 余計なお世話
  • 大きなお世話
  • 差し出がましい(出しゃばっていて、余計なことをするようす)
  • 押しつけがましい(相手の気持ちにおかまいなく、物事を無理に人に押し付けるようす)
  • お節介(余計な世話を焼くこと)

 

「必要以上にあれこれ余計な世話を焼く」などの意味を持つ言葉が『老婆心』の類語です。

 

「老婆心」の使い方は?男性も使えるの?

老婆心,使い方

老婆心の使い方はこちらになります。

 

  • 老婆心ながら言わせていただきますと、その件に関わらないほうがいいと思いますよ
  • このままではよくない方向にいくと思います、老婆心ながら忠告します
  • 老婆心かもしれないけれど、それはやめておいたほうがいいんじゃないかな
  • 老婆心ながら、これだけは言わせてください

 

「老婆」は女性ですが、余計な世話を焼くことをたとえた言葉なので、男性も「老婆心」を使っても問題ありません。

 

老婆心,男性

出典:三省堂国語辞典

  • 必要以上の心づかい
  • へりくだった言い方・男性も使う

参考:三省堂国語辞典

 

「老婆心」はへりくだった(自分を低めて相手をうやまう・けんそん)言い方で、「老婆心ながら」と使われることが多いです。

 

「老婆心ながら」は、「おこがましいですが」「差し出がましいようですが」などと言い換えることができます。

※おこがましい:でしゃばっていて、生意気である・差し出がましい

 

「余計なことかもしれませんが・・・」という気持ちがある時に使いましょう!

 

まとめ

老婆心とは?

今回は、「老婆心」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

老婆心(ろうばしん)

意味

  • 必要以上に、あれこれと世話を焼くこと
  • よけいな心配をして、必要以上に世話を焼くこと

使い方

  • へりくだった言い方・男性も使う

 

「老婆心ながら言うけど」

こういうふうに言われたら、なんだか身構えてしまいませんか?

 

「余計なお世話だとわかっているなら言わないで」

って思ってしまいそうです( ̄▽ ̄;)

 

苦手な人に言われたら、「余計なお世話」だと感じるし、好印象の人に言われたら「ありがたい」と感じるかもしれませんね。

 

とにかく、「老婆心」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト