言葉

「英雄色を好む」ってどんな意味?理由は?偉人は誰がいる?

英雄色を好むの意味

「英雄色を好むというくらいだから、彼の女性問題は仕方ないね」

英雄色を好む・・・?

どういう意味なのでしょうか?

 

そう言われる理由は?

色を好んだ英雄、偉人は誰がいるのでしょう?

 

今回は、

  • 「英雄色を好む」の意味
  • 「英雄色を好む」の理由
  • 「英雄色を好む」の偉人

などをお伝えします!

 

「英雄色を好むとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「英雄色を好む」とはどんな意味?

 

「英雄色を好む」の意味はこちらになります。

 

英雄色を好む,意味

出典:三省堂国語辞典

 

英雄色を好む(えいゆういろをこのむ)

  • 英雄と呼ばれる人は、女性との情事を好む傾向が強い

参考:三省堂国語辞典

 

「情事って?」

情事(じょうじ)は、「男女の恋愛関係」のことです。

 

情事とは

出典:現代標準国語辞典

 

「そもそも英雄って?」

英雄は、「偉大なことを成し遂げたヒーロー」です。

 

英雄とは

出典:現代標準国語辞典

 

成功者は女性関係が派手だったりする傾向にあり、それを「英雄色を好む」といいます。

 

どうして英雄は色を好むのでしょうか?

理由が気になります。

 

スポンサーリンク

「英雄色を好む」の理由は?

 

「英雄色を好む」の理由はこちらになります。

 

英雄色を好む,理由

出典:ポケット版ことわざ辞典

 

英雄色を好む・理由

  • 英雄は何事にも精力的だから

 

「精力的って?」

 

精力的は、「力があふれていて疲れを知らないようす」のことです。

 

精力的とは

出典:現代標準国語辞典

 

仕事も趣味も、何事にも精力的なひとっていますよね。

そのような人は、女性との情事にも精力的な傾向にあるというのが理由になります。

 

ちなみに、海外の調査では、収入が高い人ほど色を好む傾向が見られたそうですよ(*''▽'')

 

スポンサーリンク

「英雄色を好む」の偉人は?

英雄色を好む,偉人

 

「英雄色を好む」があてはまる偉人はこちらになります。

 

アルベルト・アインシュタイン

  1. 学生時代に子供を授かりミレーヴァと結婚
  2. 従姉妹のエルザと不倫
  3. ノーベル賞受賞の賞金を慰謝料にして、ミレーヴァと離婚
  4. エルザと結婚

※結婚中も複数の浮気話があったとされている

 

アルベルト・アインシュタインは、ドイツの物理学者で、「相対性理論」を提唱した偉人です。

 

ノーベル賞の賞金が慰謝料ってスケールが大きいですよね(*''▽'')

好奇心旺盛なひとは研究に向いているかと思いますが、女性への好奇心も旺盛だったのかもしれません。

 

まとめ

英雄色を好むとは?

今回は、「英雄色を好む」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

英雄色を好む

意味

  • 英雄と呼ばれる人は、女性との情事を好む傾向が強い

理由

  • 英雄は何事にも精力的だから

 

英雄は何事にも精力的。

そう言われてみればそうかもと思うところはあります。

 

高収入だったり才能あふれるひとは、何事にも積極的で力がみなぎっている人が多いように感じます。

 

いろいろなことに興味をもってチャレンジし、積極的に動くことで成功しているのでしょう。

 

努力を怠らず、一生懸命な姿に惹かれる女性は多いかもしれませんね(*''▽'')

 

とにかく、「英雄色を好む」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト