言葉

「素性(すじょう)」とはどんな意味?類語も見てみよう!

素性の意味

「素性を明かさない」

すじょう・・・?

どういう意味なのでしょうか?

類語も気になります。

 

今回は、「素性」の

  • 意味
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「素性とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「素性」ってどんな意味?

 

「素性」の意味はこちらになります。

 

素性,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

素性(すじょう)

  1. 血筋・家柄・生まれ・また、これまでの経歴や育ち
  2. ものが伝わって来た由緒・そのものがどこから伝えられたかということ・いわれ

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

「血筋や家柄、これまでの経歴や育ち」「ものが伝わって来た由緒」が『素性』です。

 

1は「素性を明かす」、2は「素性の知れない品物」のように使います。

 

「素性を明かさない」は、生まれや経歴、育ちを明らかにしないという意味です。

 

「すじょう」なのか「そせい」なのか迷いますよね。

うちにある4つの辞書には、「素性(そせい)」はありませんでした。

 

goo辞書は、「素性(そせい)」は「本来の性質・本性」と書いてあります。

 

スポンサーリンク

「素性」の類語は?

素性,類語

 

  • 家柄(いえがら:その家が代々受け継いできた、社会的な地位や格式)
  • 家筋(いえすじ:家の系統・家系)
  • 家系(かけい:祖先から続いている、その家の系統)
  • 経歴(けいれき:学業や職業など、今までその人がしてきた事がら)
  • 身元・身許(みもと:その人の生まれや育ち・その人に関したすべてのこと・身の上)
  • 出自(しゅつじ:どのような家柄の出であるかということ・生まれ)
  • 生まれ(生まれた家の家柄)
  • 生い立ち(どこでどのように育ってきたかという経歴)
  • バックグラウンド(背後にある事情や環境)
  • 履歴(りれき:その人が現在まで経験してきた学業・職業などの事がら)
  • 身の上(みのうえ:その人の境遇)

 

「生まれや家柄」「これまでの経歴」などを表すことばが『素性』の類語です。

 

スポンサーリンク

「素性」の使い方は?

素性,使い方

 

  • 素性を明かすと、捕まってしまうかもしれない
  • 彼は、いつまでたっても素性を明かさない
  • お見合いで、素性がいい人を紹介された
  • 素性が知れない男なので、信用ならない
  • 素性の怪しい男だ
  • 素性を隠していても、いつかはばれるものだ
  • 素性の正しい品物
  • 氏素性もわからない男だ

※氏素性(うじすじょう:家柄や血筋)

 

素性は「人」だけでなく、「もの」にも使うことができます。

 

まとめ

素性とは?

今回は、「素性」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

素性(すじょう)

  1. 血筋・家柄・生まれ・また、これまでの経歴や育ち
  2. ものが伝わって来た由緒・そのものがどこから伝えられたかということ・いわれ

 

素性を明かす、明かさないは、付き合いの度合いによるのかもしれません。

 

どこで育ったのか、なんの仕事をしてきたのか、どんなふうに育ったのか、家柄はどうなのか。

それほど親しくない人に、ぺらぺらと素性を明かしたくないですよね。

 

とにかく、「素性」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト