言葉

「暮れなずむ」とはどんな意味?季語は?「なずむ」って?

暮れなずむの意味

 

「暮れなずむ町」

「暮れなずむ空」

くれなずむ・・・?

どういう意味なのでしょうか?

「なずむ」とは?

 

今回は、

  • 「暮れなずむ」の意味
  • 「なずむ」とは
  • 「暮れなずむ」の季語

などをお伝えします!

 

「暮れなずむとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「暮れなずむ」ってどんな意味?

 

「暮れなずむ」の意味はこちらになります。

 

暮れなずむ,意味

出典:現代標準国語辞典

 

暮れ泥む(くれなずむ)

  • 日がくれそうでいて、なかなかくれないでいる

参考:現代標準国語辞典

 

「日が暮れそうでなかなか暮れないでいる」のが「暮れなずむ」です。

 

日が暮れてしまったことではないんですね。

「泥む(なずむ)」の意味も気になります。

 

スポンサーリンク

「なずむ」とはなんのこと?

 

「なずむ」の意味はこちらです。

 

泥む(なずむ)

泥む,意味

出典:現代標準国語辞典

  1. 物事がなかなか進まない・はかどらない(例:くれなずむ空)
  2. こだわる・拘泥する(例:旧習になずむ)

参考:現代標準国語辞典

 

「なずむ」は、「物事がなかなかすすまない」「こだわる」という意味があります。

 

「暮れ」+「なずむ(なかなかすすまない)」で、「日が暮れそうでなかなか暮れない」という意味になっています(*''▽'')

 

古語の「なずむ」も見ておきましょう。

 

泥む(なづむ)・古語

泥む,古語

出典:旺文社古語辞典

  1. 行きなやむ・難渋する
  2. なやみわずらう・なやみ苦しむ
  3. 衰える・しおれる
  4. こだわる・執着する
  5. ひたすら思いこがれる

参考:旺文社古語辞典

 

1と4は現代の「なずむ」と同じですね。

 

スポンサーリンク

「暮れなずむ」の季語は?

暮れなずむ,季語

 

暮れなずむの季語は「春」です。

暮れそうで暮れない、春の日足の長いことを表しています。

 

「暮れなずむ」と近い意味の春の季語は、「暮れかぬる」「暮れ遅し」「夕長し」などがあります。

参考:NHK放送文化研究所「暮れなずむ?」

 

暮れなずむ:まとめ

暮れなずむとは?

 

今回は、「暮れなずむ」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

暮れ泥む(くれなずむ)

意味

  • 日がくれそうでいて、なかなかくれないでいる

なずむの意味

  1. 物事がなかなか進まない・はかどらない(例:くれなずむ空)
  2. こだわる・拘泥する(例:旧習になずむ)

 

「暮れなずむ」と言えば、海援隊の歌「贈る言葉」を思い浮かべますよね。

卒業ソングの定番ですが、実は武田鉄矢さんご自身の失恋をもとに作られた曲だそうですよ。

 

失恋ソングを卒業式で歌うのはなんだか変な感じもしますが、「3年B組金八先生」の主題歌だったので卒業ソングとして定着しています。

 

とにかく、「暮れなずむ」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト