言葉

「ぞっこん」とはどんな意味?由来は?使い方も見てみよう!

ぞっこんの意味

「ぞっこんだ惚れこんでるよ」

「ぞっこんだね」

 

ぞっこん・・・?

どういう意味なのでしょうか?

由来も気になります。

 

今回は、「ぞっこん」の

  • 意味
  • 由来と漢字
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「ぞっこんとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「ぞっこん」ってどんな意味?

 

「ぞっこん」の意味はこちらになります。

 

ぞっこん,意味

出典:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

ぞっこん

  • 心の底から・すっかり
  • 心の底から好きになるようす・心底から

※くだけた言い方

参考:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

「心の底から」「すっかり」「心の底から好きになるようす」が「ぞっこん」です。

 

「彼は彼女にぞっこんだ」の場合は、「彼は彼女を心の底から好きだ」という意味になります。

 

スポンサーリンク

「ぞっこん」の漢字や由来は?

ぞっこん,由来

ぞっこんの由来

  • 底根(そここん)が促音化され、「そっこん」になり、濁音化して「ぞっこん」

 

「ぞっこん」の由来は、「底根」だと言われています(諸説あり)。

 

1603年に刊行された日葡辞書(にっぽじしょ)に、「心底」の意味で「ソッコンヨリモウス」という例が見られます。

 

このことから「ぞっこん」は、「底根(そここん)」が促音化されて「そっこん」になり、濁音化して「ぞっこん」になったのではと考えられているようです。

※促音(そくおん:日本語の発音でつまる音のこと・仮名で書くときは、「っ」「ッ」のように、他の文字より小さく書く

 

漢字は「底根」のほかに、「属懇」と書かれていることもありますが、「属懇」は当て字であろうとのことでした。

 

国語辞典には、平仮名で「ぞっこん」と記載してあります。

 

スポンサーリンク

「ぞっこん」の類語は?

ぞっこん,類語

  • 心底(しんそこ:心の奥底)
  • すっかり(ある状態になりきっているようす)
  • 首ったけ(すっかり惚れこんで夢中なこと)
  • のめり込む(ひとつのことに熱中して、そこから抜け出せなくなる)
  • メロメロ(愛情におぼれたり酔ったりして、理性をすっかり失うようす)
  • べたぼれ(すっかりほれこむこと)
  • 熱をあげる(夢中になる)
  • お熱(夢中になるさま・すっかりのぼせるさま)
  • 入れあげる(好きなもののために、分別を欠いて多くのお金をつぎこむ)
  • 熱中する(ねっちゅう:夢中になること)
  • 夢中になる(むちゅう:そのことだけに集中して、ほかのことを忘れること)
  • ご執心(しゅうしん:一つのことに心を奪われること)
  • ハマる(とりこになる)

 

「特定のものや人に夢中になる」「強い愛情を感じる」「心の底からひきつけられる」などの意味を持つことばが、「ぞっこん」の類語です。

 

「ぞっこん」の使い方は?

ぞっこん,使い方

  • 彼は彼女にぞっこん惚れこんでいる
  • あのぞっこんぶりは、今までの人とは違うね
  • 奥さんのほうが旦那にぞっこんだったらしいよ

 

「心の底から好きになるようす」「心底から」を表すときに、「ぞっこん」を使いましょう!

 

ぞっこん:まとめ

ぞっこんとは?

今回は、「ぞっこん」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

ぞっこん

意味

  • 心の底から・すっかり
  • 心の底から好きになるようす・心底から

由来

  • 底根(そここん)が促音化され、「そっこん」になり、濁音化して「ぞっこん」

 

「ぞっこん」は造語で、昔の流行語だと思っていました。

ふつうに辞書にのっている言葉だったんですね。

 

「あなたにぞっこんです」

「あなたが好きです」

 

「ぞっこん」のほうが、「心の底から好き」という気持ちが表現できます。

 

・・・が、若いかたは「ん?ぞっこん?」ってなるかもしれませんね( ̄▽ ̄;)

 

とにかく、「ぞっこん」の意味が分かってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト