言葉

「噛んで含める」とはどんな意味?語源や類語も見てみよう!

噛んで含めるの意味

「噛んで含めるように説明する」

「噛んで含めるように話す」

 

噛んで含める?

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、「噛んで含める」の

  • 意味
  • 語源
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「噛んで含めるとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「噛んで含める」ってどんな意味?

 

「噛んで含める」の意味はこちらになります。

 

噛んで含める,意味,辞書

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

噛んで含める(かんでふくめる)

  • よくわかるように、丁寧に話して聞かせる
  • 人に何かを教えたりするときに、わかりやすいようにくわしく言って聞かせる

※「かんで含む」といわないよう注意

参考:チャレンジ小学国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

「よくわかるように、丁寧に話して聞かせる」のが「噛んで含める」です。

 

「噛んで含む」と言わないよう注意とあります。

 

スポンサーリンク

「噛んで含める」の語源は?

噛んで含める,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

噛んで含めるの語源

  • 親が子どもに食べ物をあたえるときに、一度よく噛んでやわらかくしてやることから

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

噛んで含めるは、「親が子どもに食べ物をあたえるときに、一度よく噛んでやわらかくしてやることから」というのが語源です。

 

昔はそうだったみたいですね。

今は虫歯や衛生面を考慮して、噛んでから食べさせることはしなくなりました。

 

スポンサーリンク

「噛んで含める」の類語は?

噛んで含める,類語

  • 丁寧に
  • 相手がわかるまで
  • じっくりと
  • 親切丁寧に

 

「丁寧に説明する」「相手がわかるまで説明する」「じっくりと説明する」「親切丁寧に説明する」。

 

「噛んで含める」と似てる意味になります。

 

「噛んで含める」の使い方は?

噛んで含める,使い方

  • 噛んで含めるように話せば、子どもにもわかる
  • 噛んで含めるように説明する
  • 噛んで含めるように話したつもりだったけど、なかなか伝わらない
  • 噛んで含めるような教え方をしてくれた

 

「噛んで含める」のあとに、「ように」「ような」をつけて使います。

 

噛んで含める:まとめ

噛んで含めるとは?

今回は、「噛んで含める」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

噛んで含める(かんでふくめる)

意味

  • よくわかるように、丁寧に話して聞かせる
  • 人に何かを教えたりするときに、わかりやすいようにくわしく言って聞かせる

語源

  • 親が子どもに食べ物をあたえるときに、一度よく噛んでやわらかくしてやることから

 

平成20年度の、国語に関する世論調査によると、「含める」ではなく「噛んで含むように」と使っている人が多くみまれました。

 

よく分かるように丁寧に説明することを

  • a,噛んで含むように:39.7%
  • b,噛んで含めるように:43.6%
  • aとb両方とも使う:2.9%
  • aとbどちらも使わない:11.2%
  • 分からない:2.7%

参考:文化庁「平成20年度の国語に関する世論調査の結果について」

 

年代別も見てみます。

 

噛んで含める,噛んで含む

出典:文化庁「平成20年度の国語に関する世論調査の結果について」

 

30代以下は、本来の言い方ではない「噛んで含む」を選んだ人が多いです。

また、年齢が下がるにつれて「どちらも使わない」の割合が高くなっています。

 

「噛んで含める」よりも、「丁寧にわかりやすく説明する」などの言い方のほうがわかりやすいかもしれません。

 

とにかく、「噛んで含める」の意味が分かってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト