言葉

「然り」とはどんな意味?古語は?類語や使い方も見てみよう!

然りの意味

「然りと答えた」

「その逆もまた然り」

 

しかり・・・?

どういう意味なのでしょうか?

古語の「然り」は?

 

今回は、「然り」の

  • 意味
  • 語源・古語
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「然りとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「然り」ってどんな意味?

然り,意味,辞書

出典:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

然り(しかり)

  • そうである・そのとおりだ
  • そのとおりである

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

「そうである」「そのとおりだ」が「然り」です。

 

スポンサーリンク

語源・古語の「しかり」は?

然り,古語

出典:旺文社古語辞典

 

然り・古語

意味

  • そのとおりである
  • そのようだ

語法

  • 副詞「しか」、ラ変動詞「あり」が熟合した「しかあり」からできた語
  • 「しからば(未然形+ば)」「しかるに(連体形+に)」「しかれば(已然形+ば)」「しかれども(已然形+ども)」は、一語として接続詞のように用いられる

 

「然り」の語源は「しかあり」です。

副詞「しか」とラ変動詞「あり」がくっついています。

 

意味は「そのとおりである」「そのようだ」。

現代語と同じですね。

 

スポンサーリンク

「然り」の類語は?

然り,類語

  • そのとおり
  • 全くだ
  • 如何にも(いかにも:相手のことばに対する肯定をあらわす古い言い方)
  • 正解
  • おっしゃる通り
  • 確かに

 

「相手のことばを肯定する語」が、「然り」の類語です。

 

「然り」の使い方は?

然り,使い方

  • 彼はしかりと答えた(彼はその通りだと答えた)
  • 小林くんしかり、田中くんしかり(小林くんもそう、田中くんもそうだ)
  • その逆もまた然り(その逆もまたそうである)

 

「その通り」「そうである」を表すときに「然り」を使いましょう!

 

まとめ:然りの漢字について

然りとは?

今回は、「然り」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

然り(しかり)

意味

  • そうである・そのとおりだ
  • そのとおりである

語源

  • 副詞「しか」、ラ変動詞「あり」が熟合した「しかあり」からできた語

 

漢字辞典で「然」を見てみます。

 

然 ゼン・ネン・(しか-り)

然り,然,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典・旺文社標準漢和辞典

なりたち

  • 「火」と「もえあがる」を合わせた字
  • 火がもえあがるという意味を表す
  • のちに「そのとおりである」という意味に使う

意味

  • そのとおりである(例:自然・天然・当然)
  • ありさま・状態をあらわすことば(例:公然・全然・平然)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「火」と「もえあがる」で、火がもえあがるという意味を表したのがなりたちです。

 

1の「そのとおりである」が、「然り」の意味につながっています。

 

とにかく、「然り」の意味が分かってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2022 ママが疑問に思うコト