言葉

「目から鱗が落ちる」なぜウロコ?語源は意外なものだった!例文や類語も!

「目から鱗が落ちるってどうしてウロコなの?」

ん~、なんでウロコなんでしょう?

語源が気になります。

 

目から鱗が落ちる,意味-min

 

「目から鱗が落ちる」の意味は、

何かがきっかけとなって迷いから覚め、急にものごとがよく見え理解できるようになること

です。

 

なぜウロコなのか調べてみると、語源は意外なものでした。

 

今回は、

  • 「目から鱗が落ちる」の語源
  • 例文
  • 類語

など、「目から鱗が落ちる」について気になることをお伝えします♪

「なんでウロコなの?」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

 

スポンサーリンク

 

なぜウロコ?「目から鱗が落ちる」の語源

 

「目から鱗が落ちる」の語源はキリスト教の「新約聖書」です。

 

目から鱗が落ちる,語源-min

 

  • 「新約聖書」使徒行伝・第九章にある「直ちに彼の目より鱗のごときもの落ちて見ることを得」にもとづくもの

出典:ポケット版ことわざ辞典

 

サウロ(後のパウロ)という男性がいました。

彼は、キリスト教徒を牢獄に入れたり死刑にしたり、とても激しく迫害(苦しめたり虐げたり)していたそうです。

 

ある日サウロは、天の光に打たれ目が見えなくなってしまいました。

キリストは、教徒のアナニヤにサウロを助けるよう指示します。

 

アナニヤがサウロの上に手を置いて祈ると、目から鱗のようなものが落ちて元通り見えるようになりました。

その後、サウロはパウロとなり、キリスト教の伝道に生涯を注いでいます。

 

これが「目から鱗が落ちる」の語源です。

ことわざは中国から伝わったものが多い印象だったので、キリスト教が語源とは意外でした!

 

スポンサーリンク

「目から鱗が落ちる」の例文(使い方)

目から鱗が落ちる,例文-min

 

「目から鱗が落ちる」の例文はこちらです。

 

  • 先生のあの一言で、目から鱗が落ちた思いがした。
  • この本を読んで目から鱗が落ち、生きるのが楽になった。
  • 目から鱗が落ちるコーチの指導によって、やり方がわかった。

 

このように、何かのきっかけで迷いから覚め、急に物事が見えたり理解できるようになった時に「目から鱗が落ちる」を使いましょう!

 

スポンサーリンク

「目から鱗が落ちる」の類語

目から鱗が落ちる,類語-min

 

「目から鱗が落ちる」の類語はこちらです。

 

  • ハッと気づく
  • 腑に落ちる(納得できる)
  • なるほどと納得する
  • 開眼する(物事の心理や道理がはっきりわかるようになること・物事のこつをつかむこと)

 

「目から鱗が落ちる」は、「急に物事が理解できる」という意味が含まれていますので、「ハッと気づく」が一番近い感じがしますね。

 

まとめ

目から鱗が落ちる-min

 

今回は、「目から鱗が落ちる」についてお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

■「目から鱗が落ちる」の意味

  • 何かがきっかけとなって迷いから覚め、急にものごとがよく見え理解できるようになること

■「目から鱗が落ちる」の語源

  • キリスト教の新約聖書

 

あなたは、「目から鱗が落ちる」経験をしたことがありますか?

何かのきっかけで迷いから覚め、急にハッと気づくような経験・・・。

 

心が錆びてないかたはありそうですね。

私は心が錆び錆びです( ̄▽ ̄;)

 

「どうせまたそんなことを」

「だからなんだっていうのさ」

「聞いても意味ないよ」

 

錆び錆びの心は、何かから影響を受ける機会がなくなります。

もしかしたら日々「目から鱗」かもしれないのに、それを感じ取る心がないのはむなしいことですよね。

 

「目から鱗が落ちる」経験を逃さないように、心のアンテナをピカピカにしましょう♪

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2020 ママが疑問に思うコト