言葉

「コロナ禍」とは?読み方や意味は?「禍」の対義語や熟語も!

コロナ禍とは?

 

「コロナ禍」とは?

なんて読むの?意味は?

 

最近目にする「コロナ禍」という言葉。

読み方や意味が気になります。

 

今回は、

  • コロナ禍の読み方と意味
  • 「禍」の対義語
  • 「禍」を使った熟語

 

などをお伝えします!

「コロナ禍とは?」って思ってる方は参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)。

 

スポンサーリンク

 

「コロナ禍」の読み方と意味は?

コロナ禍,読み方

出典:現代標準国語辞典

 

コロナ禍の読み方は「コロナか」です。

 

「禍」は「か」と読み、「わざわい」「ふしあわせ」という意味があります。

「わざわい」を辞書で調べると、「悪いできごと」と書いてありました。

 

コロナ禍という言葉は「コロナによる危機的状況」「コロナによる災い」をさしています。

 

スポンサーリンク

「禍」の対義語は?

対義語

 

「禍」の対義語は「福」です。

 

災い転じて福となす。

こんな言葉もありますよね♪

 

災い転じて福となす

災いとして身に降りかかってきたものをうまく利用して事を運び、結果的に幸福になるように取り計らうこと

 

 

先の見えない現在は、これからどうなるのか予測できず不安です。

ですが、オンライン授業などが整備されるきっかけになったり、今回のことで見えてきたものもあると思います。

 

スポンサーリンク

「禍」を使った熟語は?

禍,熟語

 

「禍」を使った熟語はこちらになります。

 

舌禍(ぜっか)

 

自分の発言が法律にふれたり他人を傷つけることで、自分が受けるわざわい。

 

禍根(かこん)

 

わざわいのおこるもと。

 

禍福(かふく)

 

わざわいと幸せ。

 

奇禍(きか)

 

思いがけなく身にふりかかった災難。

 

「コロナ禍とは?」のまとめ

手を洗う

 

今回は、「コロナ禍」の読み方や意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

コロナ禍とは?

  • 読み方は「コロナか」
  • 「禍」は「わざわい・ふしあわせ」の意味
  • コロナ禍とは、「コロナによる危機的状況・災い」をさす

 

突然現れた新型コロナウイルス。

 

我が家では、卒業式、入学式の縮小から始まり4月現在も休校が続いています。

夫の仕事はほぼ稼働していない状態・・・。

 

仕事、学校、お金、不安でいっぱいです。

あなたも日々、不安やストレスを感じていらっしゃることでしょう・・・。

 

ですが、私は子供たちに「引きこもっていられるのはありがたいことだよ」と伝えています。

 

医療関係者のかた、ドラッグストア、スーパーの店員さん、自粛したくともできずに仕事をされているかたに比べたら、外出自粛はたやすいことです。

 

「これって社会の教科書にのるような出来事だよね?」

子供たちが言ってました。

 

日本中がんばって乗り越えたねと言える日が、一日も早くきますように・・・!

 

全然関係ない話ですが、私の娘がジャニーズのking&princeが大好きでして、外出自粛をきっかけにDVDなどを一緒にみるようになりました。

キラキラした笑顔を見ると明るい気持ちになりますね♪

 

いつ日常に戻れるだろう・・・などと考えても不安がつのるだけ。

こういう時だからこそ笑顔でいるのは大事です(*^^)

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

Copyright© ママが疑問に思うコト , 2020 All Rights Reserved.