言葉

「けしからん」の意味や語源は?類語や例文も見てみよう!

けしからんって何?

 

「○○するとはけしからん!」

怒った時などに使う言葉ですが、なんか可愛い響きですよね。

 

「けしからん」

どういう意味なのでしょうか?

語源も気になります。

 

今回は、

  • 「けしからん」の意味
  • 語源
  • 類語
  • 例文

などをお伝えします!

 

「けしからんとは?」って思ってるかたの参考にしていただけると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

「けしからん」の意味は?漢字はあるの?

 

「けしからん」の意味はこちらになります。

 

けしからん,意味

出典:現代標準国語辞典

 

けしからん(怪しからん)

  • よくない
  • ゆるしがたい
  • 正しいおこないから外れている

参考:現代標準国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

「よくない・正しいおこないから外れてゆるしがたい」ことが「けしからん」です。

 

漢字は「怪しからん」。

「怪」の字は、「信用できない」などの意味があります。

 

スポンサーリンク

「けしからん」の語源は?

 

「けしからん」の語源はこちらになります。

 

「けしからん」の語源

  • 語源は「けしからず」
  • 形容詞「けし」の未然形「けしから」に打消しの助動詞「ず」がついたもの

 

古語辞典を見てみましょう。

 

けしからず,古語辞典,意味

出典:旺文社古語辞典

 

けしからず

意味

  1. よくない・悪い・怪しい・異様である
  2. なみでなみではない・はなはだしい・たいへん
  3. 不都合であでる・道理に合わない
  4. 無理だ
  5. 意想外だ

 

※形容詞「けし」の未然形に「けしから」に打消の助動詞「ず」のついたもので、意味が反転して「けし」に近い

参考:旺文社古語辞典

 

意味が反転して「けし」に近いとあるので、「けし」も見ておきます。

 

けしからずの語源

出典:旺文社古語辞典

 

けし(怪し・異し)

  1. 異様である・変だ・奇怪である・合点がいかない
  2. 不実である・薄情だ・とがめるべきだ

 

※多くは「悪い方」にきわだっている意で用いられる

参考:旺文社古語辞典

 

「とがめるべきだ」という意味がありますね。

 

「けしからん」の意味が「よくない」になったのがよくわかります。

 

スポンサーリンク

「けしからん」の類語は?

けしからん,類語

 

「けしからん」の類語はこちらになります。

 

  • 不届きな(ふとどき:道理や決まりにそむくこと)
  • 邪な(よこしま:道理に外れていて正しくないこと・心がねじけていること・邪悪)
  • 不埒(ふらち:けしからぬこと・不届きなこと)

 

「道理や決まりにそむく、正しくないこと」が「けしからん」の類語になります。

 

「よこしま」の意味や語源!よこしまな気持ちとは?邪恋ってなに?

「ママはよこしまな気持ちがあるんだよ」 「よこしまな気持ちって?」   娘を寝かしつけてる時にこんな会話になりました。   「ママはよこしまな気持ち」って怪しいですが、たいしたこと ...

続きを見る

 

「けしからん」の例文は?

けしからん,例文,使い方

 

「けしからん」の例文はこちらになります。

 

  • 寝過ごして遅れてくるとはけしからん
  • 大事な約束を破るなんて、けしからんやつだ
  • 失礼なことばかり言って、実にけしからん

 

「ゆるしがたい、よくない、正しいおこないから外れている」時に「けしからん」を使いましょう!

 

まとめ

けしからん

 

今回は、「けしからん」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

けしからん(怪しからん)

意味

  • よくない
  • ゆるしがたい
  • 正しいおこないから外れている

語源

  • 語源は「けしからず」
  • 形容詞「けし」の未然形「けしから」に打消しの助動詞「ず」がついたもの
  • けし(怪し・異し)は、「合点がいかない・不実である・薄情だ・とがめるべきだ」などの意味
  • けしからずは、「よくない・悪い・道理に合わない」などの意味

 

「けしからん!」

「ばかもの!」

 

サザエさんに出てくる波平さんが浮かびます(*^^)

 

「けしからん」と言ってる人に出会ったことはないのですが、「ばかもの!」はあります。

 

息子が小学生の時の担任の先生が使っておられました。

女性のベテラン先生で、保護者ですら話しかけにくい雰囲気です( ̄▽ ̄;)

 

ですが、その先生は保護者から人気があり、私も大好きでした。

 

機嫌に左右されるとか、ひいきするとかそういうのがなく、授業中に私語をしたり、廊下を走ったり、何度も忘れ物をしたりなど、注意すべきところで「ビシッ」と言ってくださる先生だったんですよ♪

 

褒める時には褒め、叱る時にはきっちり叱る、嫌味な感じもなく、先生のおかげでクラスが「ピシッ」としてました(*^^)v

 

「けしからん!!!」

 

使う場面はないほうがいいけれど、なんだか使ってみたくなる言葉です♪

 

息子に使ってみようかな・・・!

 

息子は、課題を出さなくて学校から電話があることがしばしばあります( ̄▽ ̄;)

 

その時がチャンスかもしれません!!

いや、そんなチャンス訪れないほうがいですよね((+_+))

 

「最近は課題ちゃんとやってるの?」

 

「うん、今のところはね!」

 

今のところはね・・・!?

いずれ「けしからん」を使う日が来そうな予感がします( 一一)

 

とにかく、「けしからん」の意味がわかってスッキリしました!

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2020 ママが疑問に思うコト