言葉

「木偶の坊」ってどんな意味?語源は?背が高い人に使う?

木偶の坊の意味

「この木偶の坊め!」

でくのぼう・・・?

 

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」にも「でくのぼう」とありますよね。

 

みんなにデクノボーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに私はなりたい

 

木偶の坊ってどういう意味なのでしょうか?

 

今回は、

  • 「木偶の坊坊」の意味
  • 「木偶の坊」の語源
  • 「木偶の坊」は背が高い人に使うのか
  • 「木偶の坊」の類語は?

などをお伝えします!

 

「木偶の坊とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「木偶の坊」ってどんな意味?

 

「木偶の坊」の意味はこちらになります。

 

木偶の坊,意味

出典:三省堂国語辞典・現代標準国語辞典

 

木偶の坊

  • 木彫りの人形・でく
  • そこにいるだけで、まったく役に立たない人(ののしることば)
  • 気がきかなくて役に立たないひとをあざけっていうことば

※あざける(見下して悪口を言う・ばかにして笑う)

参考:三省堂国語辞典・現代標準国語辞典

 

気がきかなくて、まったく役に立たない人をばかにして言うことばが「木偶の坊」です。

 

スポンサーリンク

「木偶の坊」の語源は?

木偶の坊,語源

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

「木偶の坊」の語源はこちらになります。

 

木偶の坊の語源

  • 「でく」は木彫りの人形
  • 「でく」のように、「自分から手足を動かそうとしない者」の意味から

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

木彫りの人形(でく)のように、自分から手足を動かそうとしないことが、「なんの役にも立たない」という意味の『木偶の坊』の語源です。

 

スポンサーリンク

「木偶の棒」は背が高い人に使うことばなの?

木偶の坊,背が高い

 

「木偶の坊」は、背が高だけで役に立たない人に対して使うことばではありません。

 

背が高いだけで役に立たない人を表すことばは、「うどのたいぼく」です。

 

独活の大木(うどのたいぼく)

木偶の坊,独活の大木

出典:ベネッセ新修国語辞典

意味

  • からだばかり大きくて、役に立たない人のたとえ

語源

  • ウドの茎はかなり長くなるが、やわらかいので材木には使えないことから

参考:ベネッセ新修国語辞典

 

からだばかり大きくて、なんの役にも立たない人を「うどのたいぼく」といいます。

 

「木偶の坊」の類語は?

木偶の坊,類語

「木偶の棒」の類語はこちらになります。

 

  • 使えない
  • 役立たず
  • 存在価値のない
  • 使い物にならない
  • 無用の長物(あっても邪魔になるばかりで、なんの役にも立たないもの)

 

「役に立たない」などの意味を持つことばが『木偶の坊』の類語です。

 

まとめ

木偶の坊とは?

今回は、「木偶の坊」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

木偶の坊(でくのぼう)

意味

  • そこにいるだけで、まったく役に立たない人(ののしることば)
  • 気がきかなくて役に立たないひとをあざけっていうことば

語源

  • 「でく」は木彫りの人形
  • 「でく」のように、「自分から手足を動かそうとしない者」の意味から

 

木偶の坊の「ぼう」は「棒」だと思い込んでいました。

「坊」だったんですね(*''▽'')

 

「雨ニモマケズ」は、宮沢賢治が亡くなったあとに発表された遺作です。

手帳に書いてあったメモ書きなんだとか。

 

 

 

小学国語で学習することもある作品ですが、意味がわかるのはおとなになってからかもしれませんね。

 

とにかく、「木偶の坊」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト