言葉

「虎視眈々」ってどんな意味?由来は?使い方も見てみよう!

虎視眈々の意味

「虎視眈々と狙っている」

こしたんたん・・・?

どういう意味なのでしょうか?

由来も気になります。

 

今回は、「虎視眈々」の

  • 意味
  • 由来
  • 類語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「虎視眈々とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「虎視眈々」ってどんな意味?

 

「虎視眈々」の意味はこちらになります。

 

虎視眈々,意味

出典:現代標準国語辞典

 

虎視眈々(こしたんたん)

  • (トラがするどい目つきで獲物を狙っているように)油断なく機会・すきをねらっているようす
  • 機会をねらってじっと見ているようす
  • じっくり機会をねらっているようす

参考:現代標準国語辞典・チャレンジ小学国語辞典・三省堂国語辞典

 

「トラがするどい目つきで獲物をねらっているように」とありますね。

すきがあったらすぐ飛びかかる感じが浮かびます。

 

じっくり機会やすきをねらっているようすが「虎視眈々」です。

 

スポンサーリンク

「虎視眈々」の由来は?

虎視眈々,由来

「虎視眈々」の由来はこちらになります。

 

虎視眈々の由来

  • 中国の「易経(えききょう)」、「虎視眈々、その欲、遂遂(ちくちく)たれば咎(とが)なし」から

 

易経は古代中国の占い本です。

その中に以下のことばがあります。

 

虎視眈々、その欲、遂遂(ちくちく)たれば咎(とが)なし

(虎が獲物を狙うように機会を逃さず、自分の徳を磨こうとする欲を追及するのであれば、差しさわりない)

 

これが、「虎視眈々」の由来です。

 

スポンサーリンク

「虎視眈々」の類語は?

虎視眈々,類語

 

  • 機会をうかがう
  • 機会を探る
  • チャンスをうかがう
  • チャンスを待つ
  • 時機をみる(じき:機会・チャンス)
  • 頃合いを探る(ころあい:適当な時機)
  • 隙をみる
  • 待ちかまえる
  • 雌伏(しふく:力を発揮するチャンスを待って、じっと我慢して月日を送ること)
  • 鵜の目鷹の目(うのめたかのめ:少しの油断もなく、熱心に物をさがしたり機会をうかがったりするようす)

 

「タイミングを見極める」「機会がくるのをじっと待つ」などの意味を持つことばが『虎視眈々』の類語です。

 

「鵜の目鷹の目」ってご存じでしたか?

あまり聞いたことないことばですよね。

 

鵜の目鷹の目,意味

出典:現代標準国語辞典

 

鵜が魚を、鷹が鳥をねらう目つきにたとえたことばです。

 

「虎視眈々」の使い方は?

虎視眈々,使い方

 

  • 虎視眈々と社長の椅子を狙う
  • 復讐の機会を虎視眈々とねらう
  • 虎視眈々とすきをうかがい、時がきたら一気に攻める
  • 木に隠れて、虎視眈々とチャンスをねらう

 

じっくり機会をねらっているときに、「虎視眈々」を使いましょう!

 

まとめ

虎視眈々とは?

 

今回は、「虎視眈々」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

虎視眈々(こしたんたん)

意味

  • (トラがするどい目つきで獲物を狙っているように)油断なく機会・すきをねらっているようす

由来

  • 中国の「易経(えききょう)」、「虎視眈々、その欲、遂遂(ちくちく)たれば咎(とが)なし」から

 

「眈」の漢字には、「にらむ・ねらい見る」という意味があります。

 

「眈眈(たんたん)」の意味も見ておきましょう。

 

眈眈(たんたん)

眈々,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典

  • するどい目つきで獲物をねらっているようす
  • また、野心をもって機会をねらうようす

例:虎視眈々と王座をうかがう

 

「野心をもって機会をねらうようす」という意味もありますね(*''▽'')

 

とにかく、「虎視眈々」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト