言葉

「真実」と「事実」の違いはなに?辞書の意味を見てみよう!

事実と真実の違い

「それが真実です」

「それが事実です」

真実と事実の違いはなんでしょうか?

辞書で意味を調べてみます(*''▽'')

 

今回は、「真実と事実」の

  • 意味
  • 違い
  • 類語
  • 対義語
  • 使い方

などをお伝えします!

 

「真実と事実の違いは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「真実」と「事実」ってどんな意味?

 

「真実」と「事実」の意味はこちらになります。

 

真実(しんじつ)

真実,意味

出典:現代標準国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

名詞

  • うそのない、ほんとうのこと
  • ほんとうのこと・まこと
  • うそやかざりのない、ほんとうのこと
  • ほんとうのこと・ほんとうであること

副詞

  • ほんとうに・まったく
  • ほんとうに・しんから

参考:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典・三省堂国語辞典

 

名詞と副詞で意味が違いますね。

「うそやかざりのない、ほんとうのこと」が『真実』です。

 

副詞の真実は、「真実、そう思う」「真実、申し訳ない」など、「ほんとうに・まったく・しんから」という意味になります。

 

事実(じじつ)

事実,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典・三省堂国語辞典

名詞

  • 実際にあった事柄
  • ほんとうにあったこと
  • 実際にあった事柄・ほんとうの事柄
  • 実際に起こったことで、その人の気持ちや考えだけでは動かすことのできないことがら
  • それがあったかなかったか、証拠に基づいて判断できることがら

副詞

  • 本当に・確かに
  • ほんとうに・実際に
  • じっさい・たしかに

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典・三省堂国語辞典

 

こちらも名詞と副詞で意味が違います。

 

「実際にあった事柄」「実際に起こったことで、その人の気持ちや考えだけでは動かすことのできないことがら」が『事実』です。

 

副詞の事実は、「事実ぼくは何もしらない」「事実、よく知らない(実際よく知らない)」など、「じっさい・本当に・たしかに」という意味になります。

 

スポンサーリンク

「真実」と「事実」の違いは?

真実,事実,違い

「真実」と「事実」の違いはこちらになります。

 

真実と事実の違い

  • 真実:うそやいつわりのないこと(事実の中にある、はたから見えない心情や状況・truth)
  • 事実:実際に起こった事柄(その人の気持ちや考えだけでは動かすことのできないことがら・fact)

 

たとえば・・・

事例1

  • 彼は彼女に別れを告げた→事実
  • 彼が彼女に別れを告げたのは、「彼女の幸せを願ったから」「他に好きな人ができたから」→真実

 

彼が彼女と別れたいと思ったのは事実だけど、その気持ちの中には相手を想うという真実がある場合もあります。

 

事例2

  • Aさんは遅刻した→事実
  • Aさんが遅刻したのは、「寝坊したから」「途中でトラブルに巻き込まれたから」→真実

 

Aさんが遅刻したのは、単にうっかりという理由だけではないかもしれません。

事故で電車が遅れていて、なるべく待たせないように汗だくで走ってきたらどう思いますか?

 

また、寝坊した理由が「徹夜で家族の看病をしていた」という真実があるとしたら?

 

遅刻したのは事実でも、真実を知ると「それは大変だったね」となりますよね。

 

事例3

  • Bさんは連絡しても無視するようになった→事実
  • Bさんが無視しているのは、「縁を切りたいから」「とても落ち込む出来事があって、誰とも連絡をとりたくなかったから」→真実

 

連絡しても返事がないと気になりますよね。

「どうして無視するの?」と、嫌な気持ちになることもあるかもしれません。

 

ですが、Bさんは連絡を無視しているのではなく、「連絡できる心情にない」という可能性もあります。

 

このように、「事実」は実際に起こったことですからひとつしかありません。

ですが、「真実」はいくつも考えられます。

 

スポンサーリンク

「真実」と「事実」の類語は?

真実,事実,類語

真実の類語

  • 嘘偽りのない
  • 誠(まこと:うそがないこと)
  • 真相(しんそう:ほんとうのようす・真実のすがた)
  • 事実

 

事実の類語

  • ファクト(実際にあったこと)
  • 実際に
  • 真実

 

「真実」と「事実」は、互いが類語になっています。

 

「真実」と「事実」の対義語は?

 

真実の対義語

真実,対義語

出典:現代標準国語辞典

  • 虚偽(きょぎ:真実ではないことを、真実のように見せかけること・うそ・いつわり)

参考:現代標準国語辞典

 

事実の対義語

事実,対義語

出典:現代標準国語辞典

  • 不実(ふじつ:事実でないこと)

参考:現代標準国語辞典

 

真実の対義語は、うそいつわりであるこを意味する「虚偽」で、事実の対義語は、事実でないことを意味する「不実」です。

 

「真実」と「事実」の使い方は?

真実,事実,使い方

真実の使い方

  • なんであんなことをしたの?真実を語ってくれない?
  • その話は真実味があるね
  • 真実を語ることで、なにがあったかを知っていただきたいと思います

 

事実の使い方

  • 事実無根(じじつむこん・事実だという根拠がまったくないこと)
  • 事実上、決着した
  • 事実だけで判断すると、間違うこともある
  • 事実を伝える

 

嘘偽りのないことに「真実」、実際に起こったできごとに「事実」を使いましょう!

 

まとめ

事実と真実の違いは?

今回は、「真実」と「事実」の違いなどをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

真実と事実

意味

  • 真実:うそやかざりのない、ほんとうのこと
  • 事実:実際に起こったことで、その人の気持ちや考えだけでは動かすことのできないことがら

違い

  • 真実:うそやいつわりのないこと(事実の中にある、はたから見えない心情や状況・truth)
  • 事実:実際に起こった事柄(誰が見ても変わらない・fact)

 

真実を知ったところで事実が変わるわけではありません。

ですが、その事実に至るまでの真実を知ると、気持ちの上で変わることもあります。

 

真実を知った方がいいのか、知らない方がいいのか・・・。

知らないほうがいいこともありますよね(+_+)

 

とにかく、「真実」と「事実」の違いがわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト