言葉

「刮目(かつもく)」とはどんな意味?使い方も見てみよう!

刮目の意味

「刮目せよ」

「刮目すべき」

かつもく・・・?

どういう意味なのでしょうか?

 

今回は、「刮目」の

  • 意味
  • 漢字について
  • 類語
  • 使い方
  • 「刮目して見よ」の語源

などをお伝えします!

 

「刮目とは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「刮目」ってどんな意味?

 

「刮目」の意味はこちらになります。

 

刮目の意味,辞書

出典:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典

 

刮目(かつもく)

  • (目をこすってよく見るの意味から)特に注意して見ること
  • 目をこすって、とくによく見ること
  • (目をあけて)注意してみること

参考:現代標準国語辞典・ベネッセ新修国語辞典・三省堂国語辞典

 

「とくに注意して見ること」が「刮目」です。

 

目をこすってよく見るの意味からそうなっているんですね(*''▽'')

漢字の意味が気になります。

 

スポンサーリンク

「刮目」の漢字について

 

漢字辞典で「刮」を見てみます。

 

刮 カツ・けず(る)

刮目,漢字,意味

出典:旺文社標準漢和辞典

  1. けずる
  2. こする(例:刮目)

参考:旺文社標準漢和辞典

 

「こする」という意味がありますね。

「刮(こする)」+「目」で、「目をこすって、とくによく見る」という意味になっています。

 

スポンサーリンク

「刮目」の類語は?

刮目の類語

  • 熟視(じゅくし:じっと見るめること)
  • 精察(せいさつ:詳しく観察・考察すること)
  • 注目(ちゅうもく:注意してよく見ること・また、関心を向けること)
  • 凝視(ぎょうし:じっと見つめること・目をこらして見ること)
  • 注視(ちゅうし:注意して、じっと見ること)

 

「注意深く見る」などをの意味を持つことばが「刮目」の類語です。

 

「刮目」の使い方は?

刮目の使い方

  • 刮目すべき成果だ
  • 刮目に値する作品です
  • 刮目して待つ

 

「刮目して待つ」は、「おおいに期待する」という意味があります。

 

刮目して待つとは

出典:三省堂国語辞典

 

「特に注意してよく見る」を表すときに「刮目」を使いましょう!

 

まとめ:「刮目して見よ」の語源

刮目して見よ.語源

 

今回は、「刮目」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

刮目(かつもく)

  • (目をこすってよく見るの意味から)特に注意して見ること
  • 目をこすって、とくによく見ること

 

「刮目して見よ!」

 

これは、中国の「三国志演義(さんごくしえんぎ)」の「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」が語源です。

 

呂蒙(りょもう)は、呉王の孫権(そんけん)に重んじられていたものの、学がなく武力一辺倒でした。

 

自分の話した内容を聞きとらせて、部下に書物など作成してもらっていたほど・・・。

そんな呂蒙の学のなさを、人々はからかうこともありました。

 

孫権は呂蒙に学問をすすめますが、最初は「忙しい」などを理由に言い返していました。

 

しかし孫権は、「博士になろうとしなくていいから」と、どの書物を読んで学ぶべきか教え、呂蒙は勉学に本腰を入れます。

そして、見る見るうちに教養を身につけました。

 

勇敢なだけで学がない呂蒙を軽蔑していた魯粛(ろしゅく)は、呂蒙の評判を聞いて挨拶にいきます。

豊かな学識を兼ね備えた呂蒙を見て、魯粛はおどろき称賛しました。

 

これに対して呂蒙が言った言葉が「男子、三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」です。

 

この言葉は、「日々鍛錬する人が居れば、その人は三日も経つと見違える程成長しているものだ」という意味の慣用句として使われています。

 

とにかく、「刮目」の意味がわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト