言葉

「したたか」ってどんな意味?古文や類語も見てみよう!

したたかの意味

「したたかな女だ」

「足をしたたかぶつけた」

「酒をしたたか飲む」

 

したたか・・・?

どういう意味なのでしょうか?

 

今回は、

  • 「したたか」の意味
  • 「したたか」の最近の使われかた
  • 古文の「したたか」
  • 「したたか」な女とは
  • 「したたか」の類語
  • 「したたか」の使い方

などをお伝えします!

 

「したたかとは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

スポンサーリンク

 

「したたか」ってどんな意味?

 

「したたか」の意味はこちらになります。

 

したたか,意味

出典:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

強か(したたか)

  • 経験が豊富で困難を乗り切る知恵にたけ、相手として手ごわいようす・一筋縄ではいかないようす
  • しぶとくて手ごわいようす
  • 簡単にあつかえないようす
  • ひどく・強く
  • たくさん

※副詞の「したたか」は「したたかに」の形でも使う

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

形容動詞の「したたか」は、一筋縄ではいかない、しぶとくて手ごわいようす

副詞の「したたか」は、「頭をしたたかに打つ」「酒をしたたかに飲む」など、強く・たくさんの意味です。

 

「一筋縄ではいかないって?」

 

一筋縄ではいかないは、「ふつうのやり方では思うようにならない」ことです。

 

一筋縄ではいかない,意味

出典:現代標準国語辞典

 

「したたかな人」は、ふつうのやり方では思うようにならない、簡単にはあつかえない手ごわい人のことを言います。

 

スポンサーリンク

「したたか」の最近の使われかた

したたか

本来の「したたか」は、さきほどお伝えした意味ですが、最近では「あざとい」「計算高い」「狡猾」などの意味で使われることもあります。

 

  • あざとい(やり方がひどくて、抜け目がない)
  • 計算高い(利害、損得に敏感である)
  • 狡猾(ずるく悪賢いこと)

 

「経験が豊富で困難を乗り切る知恵にたけ、相手として手ごわいようす・一筋縄ではいかないようす」という意味が、このような意味に繋がったのかもしれませんね(*''▽'')

 

あざといとは
「あざとい」とは?本来の意味は?辞書になんて書いてある?

  「あざとい」 計算高くぶりっこしたりする女の子のことを「あざとい」と言ったりしますよね。   「あざとい」の本来の意味はなんでしょう? 語源も気になります。   今回 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

古文の「したたか」は?

 

古文の「したたか」はこちらになります。

 

したたか,古文

出典:旺文社古語辞典

 

したたか・古文

形容動詞

  1. はなはだ強いさま・てごわいさま・がんじょうだ
  2. いかめしいさま・しっかりしたさま・きちんとしたさま
  3. 程度のはなはだしいさま
  4. 分量が多いさま・たくさん・じゅうぶん

副詞

  • ひどく・たいへん

 

「したたかもの」は、気丈な者とあります。

※気丈:心がしっかりしていること・気持ちをしっかり保さま

 

「したたかもの」って、なんとなく悪いイメージでした( ̄▽ ̄;)

ポジティブなことばだったんですね♪

 

「したたか」な女って?

したたか,女

 

「したたかな女」と言われる人の特徴はこちらになります。

 

  • メンタルが強い(へこたれない・ねばり強い)
  • しっかりしている
  • 自分の意思をきちんと持っている
  • 手ごわい
  • 油断できない
  • 頭の回転がはやい(自分の利益になる行動や言動を瞬時に判断できる)
  • 世渡り上手(自分に利益のある人に取り入るのがうまい)
  • 計算高い(損得に敏感)
  • 人を利用して思い通りにする

 

いい意味もありますが、どちらかというとマイナスの意味で使われているのを目にします。

 

「したたか」の類語は?

したたか,類語

「したたか」の類語はこちらになります。

 

  • しぶとい(ねばり強くてへこたれない)
  • 手ごわい(なかなか強くて油断できない)
  • 一筋縄ではいかない(ふつうのやり方では思うようにならない)
  • 激しく
  • ひどく
  • 大いに
  • ずいぶん
  • いやというほど
  • これでもかというほど
  • 思いきり

 

「手ごわい人」「程度が大きいようす」などの意味を持つことばが『したたか』の類語です。

 

「したたか」の使い方は?

したたか,使い方

「したたか」の使い方はこちらになります。

 

  • 彼はそうとうしたたかなやつだから気を付けろ
  • ころんでしたたか腰を打った
  • おぼれかけて水をしたたか飲んでしまった

 

「手ごわくて一筋縄ではいかないようす」「ひどく・強く・たくさん」を表す時に『したたか』を使いましょう!

 

まとめ

したたかとは?

 

今回は、「したたか」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

強か(したたか)

意味

  • 経験が豊富で困難を乗り切る知恵にたけ、相手として手ごわいようす・一筋縄ではいかないようす
  • しぶとくて手ごわいようす
  • 簡単にあつかえないようす
  • ひどく・強く
  • たくさん

最近の「したたか」

  • あざとい(やり方がひどくて、抜け目がない)
  • 計算高い(利害、損得に敏感である)
  • 狡猾(ずるく悪賢いこと)

古文の「したたか」

  • はなはだ強いさま・てごわいさま・がんじょうだ
  • いかめしいさま・しっかりしたさま・きちんとしたさま
  • 程度のはなはだしいさま
  • 分量が多いさま・たくさん・じゅうぶん
  • ひどく・たいへん

 

手ごわくて一筋縄ではいかない「したたか」。

 

「頭をしたたか打つ」など、意味がいくつもあると「あれ?」ってなりますよね(*''▽'')

 

  • 手ごわくて一筋縄ではいかない
  • ひどく
  • つよく
  • たくさん

 

このような意味があることがわかってスッキリしました♪

 

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト