言葉

「表す」「現す」「著す」の違いは?使い分けも見てみよう!

 

表すと現すと著すの意味

「姿をあらわす」

「気持ちをあらわす」

「自叙伝をあらわす」

 

「表す」「現す」「著す」どれを使うのでしょうか?

違いや使い分けが気になります。

 

今回は、「表す」「現す」「著す」の

  • 意味
  • 違い
  • 使い方
  • 送り仮名
  • 漢字について

などをお伝えします!

 

「違いは?」って思ってる方の参考にしていただけると嬉しいです(*''▽'')

 

「表す」「現す」「著す」ってどんな意味?

 

表す

表す,意味,辞書

出典:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

  • 考えや気持ちなどを表に出す
  • 考え気持ちなどを、文章・絵・音楽・顔つきなどでしめす
  • (ことば・絵・音・身ぶりなどで)頭の中にあるものを外へ出す・表現する

参考:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典・三省堂国語辞典

 

「考えや気持ちなどを表に出す」「考え気持ちなどを文章、絵、音楽、顔つき、身ぶりなどでしめす」のが「表す」です。

 

現す

現す,意味,辞書

出典:チャレンジ小学国語辞典・三省堂国語辞典

  • かくれていたものが、すがたや形を見えるようにする
  • 見えない所にあるものを(外に出して)見えるようにする
  • 今までかくれていたものを、見えるようにする

参考:チャレンジ小学国語辞典・三省堂国語辞典・現代標準国語辞典

 

「今までかくれていたものを、見えるようにする」のが「現す」です。

 

著す

著す,意味,辞書

出典:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

  • 本に書いて世の中に出す
  • 自分の考えや研究などを本にして世に出す

参考:チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

 

「自分の考えや研究などを本にして世に出す」のが「著す」です。

 

スポンサーリンク

「表す」「現す」「著す」の違いは?

表す,現す,著す,違い

 

表す・現す・表すの違い

  • 表す:表現
  • 現す:出現
  • 著す:本にして世に出す

 

表すと現すの違い

出典:現代標準国語辞典

  • 表す:考え、気持ち、状態など、それまでかくれていたものが外から見えるようになる・表現する
  • 現す:姿、形、性質など、それまでかくれていたものが外から見えるようになる
  • 著す:自分の考え、気持ち、研究の結果などを本にして世に出す

参考:現代標準国語辞典

 

表すと現す,違い

出典:チャレンジ小学国語辞典

 

表すは「はっきり表に出してわかるようにする」、現すは「今までかくれていたものを見えるようにする」、著すは「考えや研究などを書物にして発表する」という違いがあります。

 

スポンサーリンク

「表す」「現す」「著す」の使い方は?

表す,現す,著す,使い分け

出典:ベネッセ新修国語辞典

 

表現するの「表す・表れる」

  • 喜びをことばに表す
  • 信号の黄色は注意を表す
  • 名は体を表す
  • 嬉しい気持ちを表す
  • 喜びを顔に表す
  • 感謝の心を表す
  • 不景気の影響が表れる

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典・現代標準国語辞典

 

出現するの「現す・現れる」

  • しだいに頭角を現す
  • 会場に姿を現す
  • 正体を現す
  • 本性を現す
  • 太陽が現れる

参考:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

本を世に出すの「著す」

  • 自叙伝を著す
  • 書物を著す
  • 詩を著す
  • その本を著した人
  • 歴史小説を著す

参考:ベネッセ新修国語辞典・チャレンジ小学国語辞典

 

「表す」「表わす」「現す」「現わす」送り仮名は?

表す,表わす,送り仮名

出典:ベネッセ新修国語辞典・現代標準国語辞典

 

「表わす」と書くこともある、「ひょうす」とも読めるので、「表わす」と書いてもよいとあります。

 

送り仮名は、「表す・表わす」「現す・現わす」どちらも間違っていません。

しかし、文化庁発表の内閣告示「送り仮名の付け方」によると、「表わす」「現わす」は「許容」とあります。

 

「表わす」,「現わす」,「行なう」としていたのを, 「表す」, 「現す」,「行う」と改めた(従来の形も許容)

出典:文化庁「送り仮名の付け方」

 

本則という、基本的な送り仮名は「表す」「現す」で、表記することが許容された送り仮名は「表わす」「現わす」となっています。

 

著す,著わす,送り仮名

出典:現代標準国語辞典

 

「著す」も、「著わす」と書くこともあると記載してありました。

 

まとめ:「表す」「現す」「著す」の漢字について

表す,現す,違いは?

 

今回は、「表す」「現す」「著す」の意味などをお伝えしました。

以下がまとめになります。

 

表す・現す・著す

表すの意味

  • 考えや気持ちなどを表に出す
  • 考え気持ちなどを、文章・絵・音楽・顔つきなどでしめす
  • (ことば・絵・音・身ぶりなどで)頭の中にあるものを外へ出す・表現する

現すの意味

  • かくれていたものが、すがたや形を見えるようにする
  • 見えない所にあるものを(外に出して)見えるようにする
  • 今までかくれていたものを、見えるようにする

著すの意味

  • 本に書いて世の中に出す
  • 自分の考えや研究などを本にして世に出す

違い

  • 表す:表現
  • 現す:出現
  • 著す:本にして世に出す

送り仮名

  • どちらも間違っていない
  • 本則(基本的な送り仮名)は「表す」「現す」で、許容が「表わす」「現わす」

 

漢字辞典で「表」「現」「著」を見てみます。

 

表 ヒョウ・おもて・あらわ(す)・あらわ(れる)

表す,表,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「衣(ころも)」と「毛皮」を合わせた字
  • 毛皮の上着という意味を表し、のちに「おもて」という意味に使う

意味

  1. おもて・外に出ているところ・外側(例:表紙・表面・地表)
  2. あらわす・あらわれる・外に出してはっきりしめす(例:表現・表情・発表)
  3. おもてにたつ・頭(かしら)(例:代表)
  4. ひとめでわかるようにかいたもの(例:図表・正誤表・年表)
  5. 役所や上の人に出す書類(例:辞表)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「衣」と「毛皮」で、「毛皮の上着」を表したのがなりたちです。

 

現 ゲン・あらわ(れる)・あらわ(す)

現す,現,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「たま」と「あらわれる」を合わせた字
  • 玉をみがいて光がはっきりと「あらわれる」という意味を表す

意味

  1. あらわれる・はっきりみえるようになる(例:現象・実現・表現)
  2. 目の前にある・実際にある・今の(例:現在・現実・現代)

参考:チャレンジ小学漢字辞典

 

「たま」と「あらわれる」で、玉をみがいて光がはっきりと「あらわれる」という意味を表したのがなりたちです。

 

著 チョ・あわら(す)・いちじる(しい)

著す,著,漢字のなりたちと意味

出典:チャレンジ小学漢字辞典

なりたち

  • 「竹」と「はさみとる」を合わせた字
  • ものをはさむ、はしという意味を表し、のちに、「はっきりとあらわれる」という意味に使う

意味

  1. あらわす・本をかく・また、かかれた本(例:著作・著書・名著)
  2. いちじるしい・はっきりあらわれる・名高い(例:著名・顕著)

 

「竹」と「はさみとる」で、ものをはさむ箸という意味を表したのがなりたちです。

 

とにかく、「表す」「現す」「著す」の違いがわかってスッキリしました!

あなたとご家族が、笑顔あふれる日々でありますように☆

 

スポンサーリンク

-言葉

© 2021 ママが疑問に思うコト